旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今年に入って知り合って遊ぶようになった1人の女の子がいます。HNから匡(きょう)ちゃんと呼ばれるその子。その子がつい先日、持病が悪化して帰らぬ人となりました。
23歳という若さで突然に。

その子について書き記しておきたいと思って筆を起こしました。
割と長い文章になるかもしれませんが…


■■■■■■■■■■


笑顔がすごく印象に残るあの子が不意にみんなの前からいなくなってしまった。
みんな驚いたのは間違いなくそれぞれの形で悲しんでいると思う。
言葉とかにするときっとその場が寂しさや切なさに包まれる。どんな形であれ、そんな雰囲気になるのはあの子も望んでいないとは思う。
でもやっぱりこのまま何も発さずに留め置いておくのは個人的に性分ではなくて。
だから少しだけ。あの子についての事を綴っておこうと思います。


初めて会ったのは、明確には覚えていないけど、毎月行ってる徳島のイベントに気付いたら顔を出していて「また来てるなー」って思ったあたり。まともに話した最初はいつもと違うイベントに行った時、会場前で「もう開いているのかな?」と思ってうろうろしていたのでお互いに「いいんですかね?」ってな事を交わした時だったかと。
それからはイベントで会う度に一緒に笑ったりテンション上げたりお互いの行動を笑いあったり。無論、俺だけじゃなくていろいろな人柄とそうやって過ごして楽しそうにしていた。
次第にいろいろな人とイベント以外でも遊んでいるみたいでいいなあと思えた。俺はなかなか都合が合わずにそれほど多くは一緒できなくて、今にして思えばもう少しうまく立ち回って一緒すればよかったのに、って思う。

少し前に俺が眼鏡を新調した時に、(大きさは違うけど)たまたま2人似たような感じのフレームになっていて「なんか似てますねー」って言ってくれたのがなんか嬉しかった。そんなところでも気がついて楽しそうに言ってくれるなんてやっぱり良い子だなー、って。

最後に会ったのは高知のイベントで会った時。
元々実家は高知との事だったわけだけど、「高知で会うのはちょっと不思議な感じ」と言い合いつつもイベントが始まってしまえば大体いつもの調子で楽しんで終わってた。だからいつもと場所は違っていたけど全然安心していられた。
イベントが終わって俺が先に撤収するに至って、大体いつもの調子で「また徳島でー」と言って手を振って別れたのがあの子を見た最後になった。無論、あれが最後になるなんてこれっぽっちも思ってなかったわけだから。

今回の報を知った時、ぐっと胸が苦しくなって、こっちの心臓も止まるんじゃないか、っていうぐらいになっていた。
あの当たり前のようにみんなに見せてくれていた笑顔にもう会えないとか信じられるわけがなかったから…



あの子の事を考えるに、やっぱり思い浮かぶのは、どの場でも、誰と接していても「おっ」と引きつけられるような満面の笑みとちょっと大きな眼鏡をかけた姿。ふと身近にいそうなちょっとしたかわいさがあったと思う。
また、時々、ふと向き合った時にはちょっと小首を傾げてなんだかちょっとだけキョトンとした感じの表情を見せてくれるのがチャームポイントだなあ、と。本人は割と無意識だったらしいけど。

今にして思えば、あの満面の笑みは、自身がいつどうなるかわからないから後悔のないようにいつでも全力で楽しんでおくんだ、という気持ちの現れだったのかな、っていう気もしてしまう。その真意は今となってはわからないけども。



良い意味でいろいろやらかしていたりもしたけど、律するところは律していたから、接するみんなに良い印象を与えていたのは間違いないと思う。
だからみんなそれぞれに思うところはあるはず。俺だけ何か特別だとは思わない。だけど俺なりの俺だけの思い出や印象はあるからそれをこうして形にするのは許してほしい。
供養とかなんとかそんな大それた事で書いてつもりではなく、いってしまえば単なる自己満足に過ぎないとも思う。
でも一人の人間にそれだけの事をさせるだけの何か魅力のある子だったんだ、というのは改めて感じてもろえたらのならあの子もちょっと喜んでくれるのかな、なんて思ったりします。

ついこの前、とある方に「旗さんと匡ちゃんは(徳島の仲間内での)癒し系ツートップ」てな事をいわれて、俺ってあんな良い子と同列!?ってなってちょっと照れくさくも嬉しかった。次会えたらその事でもいろいろ話せそうじゃん、っていうささかやな楽しみを持たせてもらえた。
ただ、この話が出た時既に君は旅立っていたのだけれど…
その事も含めて話したい事・思い出・一緒にしたい事はまだまだある。とりとめもなく。
出会って一年も経ってないけどいろいろな形で慕っていろいろな形で笑いあってくれたからなんだか濃密だった気がしてるから余計にそう思えるんだろうなあ。


いつもみんなに等しく向けてくるあの笑顔は本当にまぶしくて嬉しい気持ちになるものだった。
俺の事をすごく「お父さんのよう」と評してくれて、人をとても優しい気持ちにしてくれるなあって思えて、友達と娘の間のような子だな、って思えました。


今はしばらく会う事はできなくなっちゃったけど、いつかそっちに会いにいく時ができたら、あの満面の笑みで迎えてくれたら嬉しい事この上ないです。
「似てますね」って言ってくれたこの眼鏡、変えなくちゃいけなくなった時もできるだけ同じような形のものにしておこうと思う。それでそっちで再開した時にまた「似てますね」って言って笑い合えたら最高に嬉しくなれるって確信してる。
そしてもし叶うなら、そうした後に生まれ変わってもまた一緒に楽しい時間を過ごせたらなおのこと嬉しい。
きっとこの先どこかでそうした事ができると信じたいから、永遠のお別れは言わずに次に繋げる形にして起きたいと思います。
だから、大体いつもの感じで「じゃあまたね」と言いつつちょっと違う言葉も添えておきます。


じゃあね匡ちゃん、また来世。




父のようで友達のようだったしがない黒服眼鏡より。



(最後まで読んでくれた方々、ありがとうございました。)
[PR]
# by avt-race | 2017-08-31 23:55

空白とともに。

だいぶ放置してしまってすいません。
なんのかんので忙しかったりなんだりで止まってました…

折を見て再開したいところなのですがなんだかうまくいかないんですよね…


で、今回これまでの記事とはまったく別で一件書こうかと思っているのですがこれまでとは全く毛色が違うので念のためこうして予告とワンクッションを置かせてもらいます。
だいぶ勝手な話ですが、個人的に長文的なものを出すのはここぐらいしかないので。

というわけで数日中に一件投稿があるかと思いますので。

ひとまずそんな感じで。

[PR]
# by avt-race | 2017-08-31 00:48 | 雑記
3組目のユニット・lily white一発目。


正直な所、なんかこう明確なつかみどころが無いような印象があります。突き抜けた特徴が少ないというか。
可愛いというよりちょっと背伸びしかけてまだうまくはまりきれていないような感じというか。まあそれはそれである意味アイドルの魅力の一つともいえるかもしれないのですが。

前2つのユニットがいろいろとやってきた分少しインパクトに欠けている感じがしてしまって。前2つがいろいろやってきた中、何か違うものを模索したけれど、この時点では固まりきらなかったのかなー、と
ほぼ同時に3組のユニットをデビューさせるという状況がそうさせたのかも、という変な勘ぐりをしてしまったり。

ただ、それゆえに上記したようなただ可愛いのではなく何か一味違う味付けが施されるであろう予感は感じられるとは思うのでその予感に思いを馳せる、という事ができる不思議な立ち位置の曲なんじゃないかな、と思ったりしています。
[PR]
# by avt-race | 2017-02-07 06:05 | ラブライブ
BiBiふたつめ。ねばねば(何)。

聞いて一発目は大体の人は「なんぞ?」ってなってもおかしくはないかな、と。まあご多分に漏れず自分もそうなりましたやね(笑)。Never give upをねばねばとかちょっと思いつかないですよ(笑)。
なにせ一曲目があんなに格好良かったから余計ねえ。


ダイヤモンドプリンセスの直後にこういうある意味ふざけていて楽しい曲を入れたおかげでBiBiというユニットはなんでも有りな感じを獲得できたんだと思います。2曲とも格好良過ぎる曲だったらかえってユニットでやれる事が狭まってしまったんじゃないかと思います。まあいろいろできる、というのは他のユニットでもあるわけだけど、BiBiはある意味大分離れた「いろいろ」ができたユニットだよなあ、と。それが出来たのは間違いなくこの曲のおかげですよね。
ライブのダンスにおけるなんかぴょんぴょんした感じがとても人を食っているように思えたりするけど、やっぱりそれもBiBiのなんでも有り感を表しているよなあ、と思います。


歌詞の内容にしろ、ダンスの振り付けにしろ、何から何まで人を食っているような感覚に仕立てる事でBiBiに「変幻自在」な感じを与えられたと思うわけだけど、これが後々のしっとりとブチ上げの両極端に見事に行き着く事になると予想できた人はそうは多くないんじゃないかなー。…自分はリアルタイムではなかったけど、仮にリアルタイムで聞いていたとしてもそれを予想できた自信は無いです(苦笑)。


■■■■■■■■■■■■■■■

なんか一週間も空いてしまいまして………夜勤だの残業だの立て続いた結果なわけですが、なんとも情けない話……もうちょっ頑張って更新せねば、と思う所存です(汗)…
[PR]
# by avt-race | 2017-01-28 08:30 | ラブライブ
ユニットその2・BiBiのひとつめ。 とにかくジャケットイラストがまあ格好良くていかん(何)。


歌詞を見ていて感じるのはとにかく「熱」「溶」といった類の言い回し。ダイヤモンドというある種の硬さの象徴なアイテムに対してどれだけそれをなくしてしまおうとしているのか。とにかくその熱量が目立つんですよね。だからこそ、けして速いとはいえないテンポの曲であっても体感は速いのかもしれないなあ、と。

あと、真姫ちゃんソロの部分が聞いていて密かにそわそわする感じがありまして。
なんというか、元々の歌のうまさがある中でそこからなんだか凄くカッコ良くみせようとするちょっとした背伸び感が密かちょっと強め、みたいな。……実はまだキャスト側がそのキャラクターならではの歌い方を模索中な結果、妙に背伸びしている感が出たのではないかなー、とか思ったりしてるんだが、どんなもんだろか。


■■■■■■■■■■■■■■

気付いたらなんか間があいてしまいました…マイペースにやってるとはいえ(汗)……なんだろうなあ、この忙しさやらは…
と、とりあえずほんのちょっとずつでも進めます…
[PR]
# by avt-race | 2017-01-21 07:47 | ラブライブ
ある意味、これぞTHE・Printempsともいっちゃっていいぐらいの存在感があるといってもいい曲じゃないかと思える一曲。
μ'sのFinalLoveLive!でも披露された事を考えればそこはあまり異論はないんじゃないかなあ、と確信しています。


タイトルにもある通り、甘い、とにかく甘い。…物理的に(笑)。やっぱり甘いモノは人をハッピーにするんだなあ、って雰囲気満載で、可愛いが前面押し出されているのが、聞いていて心地良い。それこそ中毒になるくらい(何)。


広島のファンミーティングで、歌詞の中の食べ物の一部を広島名物の諸々に置き換えて歌っていたのがとても楽しい思い出として記憶に残ってるんですよね。
ファンミーティングはどこのでもいろいろ楽しかったんだろうけど、この時はPrintempsだけだったこともあったし、ファンミもある程度回数重ねてきていてそういう変化球もキメられたんだと思います。Printempsならではの経験の積み重ねが出たんじゃないかと思います。
実はこの広島ファンミはラブライブの現地に実際に参加できた唯一の機会でして(他は全てライブビューイング(泣))、その事実自体による思い入れも相まって独特な思い入れのある曲になってます。
だからこそFinalでこれを披露してくれたのは何重の意味でも嬉しかった思い出があります。自分が肌で感じたモノは一味も二味も違う思い入れが宿るんだと改めて実感するの、そんな一曲なのです♪
[PR]
# by avt-race | 2017-01-16 12:09 | ラブライブ
基本はリリース順、って事でひとまずユニット曲へ。

Printempsの一つ目にしてユニット曲最初の最初。
ある意味ここからラブライブ曲全般に対して飛躍的にいろいろな色がつきはじめた感ありますよね。

曲の最初に一瞬冷たい風が吹くような音が入ってるのでなんか冬のイメージがついてます。歌詞の世界からしてそのイメージで間違ってないかなー、と。
前のCD=スノハレが冬の幻想的な風景の中での恋愛に対して前向きだったのに対して、こちらはひたすらに隠れた悲恋ともいう情景。その対比もなかなか面白かったり感じるんですよね。

そして何よりこのメンバーにしてこの情景というのがなんとも刹那感満載でなんかこうそわそわしまくるんですよね。
「青く透明な私になりたい」っていうフレーズに、恋愛って綺麗な事ばかりでもないよな、っていう寂しさとかがうまく込められていて実に印象的。ただ純粋でいるだけではダメ、でもその気持ちもなくてはダメ。このバランスが実にうまい見せ方でこの曲の歌詞世界の魅力を凝縮しているなと思います。
でもその複雑な感情が渦巻いて絡み合うからこそ恋愛は恋愛たりえる。そんな気にもなる一曲なのです。
[PR]
# by avt-race | 2017-01-14 14:28 | ラブライブ
カップリングその2、的な。

タイトルの「baby」「maybe」っていう微妙な韻の踏み方がまず目に付くんですよね。何気にこの時点ではっきりしたテンポの曲なんじゃない?って思えたりするんじゃないかなー。
でまあふたを開けてみればまさにその通りで、早くはないけどテンポの刻み方ははっきりしている感じですよね。
カップリングされているスノハレの「halation」には光暈という意味もあって、情景的にも感情的にもなるほどはっきりしきらない幻想的な雰囲気が漂っている感じがあるけど、この曲はテンポにしろパート分けにしろひとつひとつはっきりと打ち出されていてスノハレと良い対比になっているのかも。

ボタンを押す事で気持ちや展開にきっちりスイッチを入れていこう、っていう、恋愛に対してより前向き雰囲気が出ていて、何気にスノハレでぼんやりと近づいた相手との距離感を縮めようとする、ある意味、話の続き的な所もあったりしないかなー。そう考えるとやっぱりある意味「カップリング」としての良い存在感を持った曲なのかもしれないですね。
[PR]
# by avt-race | 2017-01-11 06:59 | ラブライブ
なんかもう今更多くを説明する必要も無い感満載の鉄板ともいえる一曲。
μ'sの代表曲としてこれを挙げる人はかなり多いはず。


この曲をそれほどの地位たらしめたのはなんだったのか。
美しいメロディーなのか、歌詞の内容なのか、ライブ時の演出なのか。それは多分いずれもが正解であり不正解だと思います。それらの要素が土台としてあった上で初期の頃から歌われ続けて見守らてきた中で、応援する側も共に成長できたライブでの姿。最後の光がオレンジに変わる所のライブにおける成長ぶり。ここにもみんなで素晴らしいものを作っていこうという、ある種の「みんなで叶える物語」があったのかもしれないですよね。

以前、とある人に「この曲の良い所って?」と聞かれて正直答えに窮した事があります。
ラブライバーとしてはある意味国歌的な存在となっていて当然名曲として扱われている分、あまり理屈立てて考えられなくなっている節はあったかと思います。それは5年以上その位置付けにあったがゆえだったわけですが、どのアーティストにも、「これだけは何もいわずとも不動の名曲」とされる曲があるはず。μ'sにとってはこの曲がまさにそれなんだと思いますし、改めて、『どのアーティストにも「これだけは何もいわずとも不動の名曲」とされる曲がある』という事実を改めて教えてくれるものではないかと思えたりするのです。


ちょっと上記しましたが、この曲を語る上で外せないのが、最後のサビに入る時のサイリウムチェンジ(違)。
雪の白から一気にオレンジに変わっていくわけですが、ライブ等でこのチェンジをどのタイミングでしますかね?個人的には『届けて切なさには』の最後の『には』の部分かな、と思っているのですが、人によってまちまちなんですよね。
ライブの客席におけるあのチェンジもそもそもラブライバー側が自発的にやり出した事だそうなので、公式的な見解も無いのですしね。
それにPV内でも奥の方から徐々にオレンジの光がやってくる演出なので、いきなり変わってるわけではないし…まあそれを踏まえると客席の前方の方からウェーブ状にチェンジしていけばいいのでしょうが………さすがに大人数となるライブ時では至難の技ですよねえ(苦笑)。
機会があったら、そんな光景をみんなで再現できたら面白いよね、なんて密かに思ってたりします。←いうだけならタダって事で(何)
[PR]
# by avt-race | 2017-01-07 15:19 | ラブライブ
記念すべき第1弾シングル、のカップリング。


この曲はなんといっても、ライブ時のみんなして腕を高々と挙げて左右に大きく振るあの振り付けが思い浮かびます。
曲のテンポからすればさもありなん、って話なんだけど、大好きな友達を見つけた時の隠す事ない嬉しさを感じさせる振り付けで、『友情』というキーワードをより決定的に感じさせてくれると思います。誰が思いついたのかはわからないけど、このテンポ+『友情』キーワードからしたら自然であり必然な振り付けだったんだろうなあ。


カップリングされているぼらららと比べると個人個人のパート分けがすごく明確で、時を経てμ'sの歌声を聞き慣れた今になって改めて聞くと「なんてわかりやすいんだ!」ってなります。
ただそれは、単純に歌声にてだけではなくて、このフレーズ(セリフ)はこのキャラクターがすごく言いそうだよなー、っていうある意味のキャラクター性の持たせ方が感じられます。ぼらららで9人全体はどんな感じなのかを表現して、こっちで個人個人の性格的なものを見せてきた、っていう対比としてもとれたりするって感じるんだけど、どうだろうか。



■■■■■■■■■■■■■■

とりあえずCD1枚分した。

ちなみに、基本的には曲のリリース順でやっていきますが、場合によってはあえてその順番から変える事もあるかと思います。ま、もしそんな事を見かけたら………………察して(何)。
[PR]
# by avt-race | 2017-01-04 18:08 | ラブライブ