旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

流行した言葉を眺めて。

2005年の流行語大賞が決まったそうで。二つの内のひとつ・「想定の範囲内(外)」は自分も何気に結構口走っていたと思うので「あぁなるほど」と思いました。ま、「予想外」という表現を昔からよく使っていたのですが、今年になって「想定」と言うようになった辺り、流行の力を感じますね。

さて。大賞以外のべストテンにもいろいろとあったわけですが。
その中に「萌え~」が入っていました。結構美少女キャラ萌えの激しい自分にとっては今更な言葉ですよ。いつの間に流行語大賞にノミネートされるようになったんだか…そう考えると、私的にはなんだか不思議な感じがしますねえ(遠い目)。
当たり前のようにオタクをやっているといろいろなモノに反応します。何故にそれに反応するかは人それぞれだし、必ずそれをうまく表現できるとは限らない。それを簡単に伝えるものとして「萌え」というフレーズが広く使われていると思います。なので、別に乱発されるのはある程度は構わないのですが、対して意味も理解しないで流行っているからといって使われるとなると、やっぱりなんだかしっくり来ません。ま、要は単語にしろフレーズにしろ、ある程度最低限のラインの意味を理解して使って欲しいよなあ、と思う次第。
言葉は無力で時には銀のナイフになる
(岩男潤子「スカーレット」)
ともいいますからね(遠い目)。
今回この様にして「流行語」として認知(?)された事で、この「萌え」という表現が今後どの様な扱いを受けていくんでしょうねえ。ま、先述したように、私に限らず、オタク業界的には以前から日常的に使われていたから、業界的にはあまり変わらないかな、とは思いますが。これで落ち着いて、逆に一般的に変に騒がれなくなってくれた方がいいんですけどね。最近のメディアでの「オタク」や「萌え」の取り上げ方は当事者(?)なんだか違和感がありますからね(遠い目)…

あと。べストテンの中に「ブログ」も入ってましたね。これも中々に驚き。何が驚くって、これが今年の流行の一つというならば、今年になってこれに手を出した私は.…いつも(意識しないで)時流に逆らっていた感のある私がそういったモノにのっかていたのいうのが、なんだか違和感を感じたりしてます(含苦笑)。ま、私個人としては、いつかネット上で何か私なりのペースに語る場が欲しいなあとか思っていまして。そんな所でブログという存在を知ったわけで。ま、私なんぞがそういった存在を知るに至ったのも、流行の影響なのかな、という気もしますが。ねえバタフライさん(含大笑)?

例年私は流行語大賞に選ばれたモノとはさほど縁が無いのですが、今年はいくらか縁があったみたいでちょっと不思議な感じがしました。これはこれで「想定の範囲外」って感じだったり(含笑)。
流行語大賞が発表されたってことは、今年も終わりかあ…じゃあ、自分もそろそろ、私的に今年の名言やらその他をまとめ始めるとしますかね(含笑)。さてはて。
[PR]
by avt-race | 2005-12-01 22:20 | 雑記