旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

熱き名乗りで天を衝け!~天元突破グレンラガン 第11話

引き続き虜になっている「グレンラガン」の話です。


シモンの自暴自棄状態を引きずりつつ進んでいく大グレン団。完全に棒読みで助けを求める村人を救出せんと意気込むキタン。そこで「カミナなら」とか言われると何だか切ないですよ…とはいえ、やはりキタンもなんとかカミナの残した大グレン団をなんとかしようと必死だったんじゃないと思います。キタンにしたって思わぬ形で大グレン団を引っ張っていく立場に立たされたんじゃないかと思いますし。決して滑稽の一言では片付けられないのではないかと思いますが…
ちなみに、村の女のコ達のほとんどが肩出しルックだったことに萌えていたのはないしょのしみつです。…あの村に住んでいいですか(何)?

予想通り、これらは四天王・グアームの罠。大グレン団の面々は捕まってしまい、ニアもグアームの元へ。
このあと終始展開するグアームの人間の「らしさ」を否定する理論がやたらと気になるのですが、確かこの獣人達って螺旋王が「作った」っていってましたよね…?という事は少なからずその思考展開も螺旋王の手によるものがあるはず。この辺り、螺旋王が何を意図してそのようにしたのかが物語の大きなカギの一つになるんじゃないかと思ったりして。

なんとか脱出しようとする大グレン団の面々。しかし固い壁に阻まれてままならない中、手にしたコアドリルでひたすらコツコツと穴を掘り続けていくシモン。そのひたむきであきらめない姿を見たヨーコはカミナのセリフを回顧する。
「弱気になりそうになった時、自信がなくなりそうになった時、あの日コツコツと掘っていたシモンの背中を思い出す。あの背中に笑われねぇ男になる。そう思っている。」
そうかぁ、カミナの果てしなく強く見えたその強気を支えていたのはシモンのひたむきな姿だったんですね。カミナもやはりどこか不安と戦いつつ突き進んでいたことを改めて目にしたような気がします。それでも突き進まなくちゃいけなかったカミナの姿もこれまた熱い魅力に見えるんだよなぁ。
何気に思うのですが、カミナはあまり人に見えなかったそういった弱気な一面をヨーコにだけは見せていたんですね。多分、こういう所はシモンにも見せてなかったんじゃないかと思いますし。おそらく自分を信じてくれているシモンに不安を抱かせたくなかったんだろうなぁ。しかし、ヨーコにだけはそういう面をさらけ出した、という事は、ある程度、いや、かなりのウェイトで(そしてシモンとは違った意味で)ヨーコを信頼していたのかな、と思います。というか、弱気を見せてそれを受け止めてくれる存在が欲しかったのかもしれませんね。…やっぱりカミナも人間なんだね。


そして、ニアの言葉とカミナの言葉に後押しされて、ラガンも現れて心を取り戻したシモンはニアを助け出し、ピンチのロシウが乗るグレンと合体。そして合体と共に決意を込めた熱い表情でシモンその人の名乗りを上げる!
「アニキは死んだ、もういない。
だけど、俺の背中に、この胸に一つになって生き続ける!
穴を掘るなら天を衝く。
墓穴掘っても掘り抜けて、突き抜けたなら俺の勝ち!
俺を誰だと思っている。
俺はシモンだ、カミナのアニキじゃない。
俺は俺だ、穴掘りシモンだ!」
シ、シモン~~~☆熱いよ、カッコいいよ、燃え上がるよ!カミナの心意気を受け継ぎつつも、シモンらしさが強く込められた熱い名乗り。微妙にヘタレっぽく聞こえる箇所はあるけど、逆にそれがシモンらしさを醸し出しているし、更なる成長の可能性を見せてくれていると思います。
そして在りし日のカミナの勇姿を思い浮かべつつも、それを涙と共に振り払い炸裂させる必殺技は、あのギガドリルブレイク!だたその影を振り払うのではなく、その強さを受け止めて心の中に留めつつ新たな一歩を踏み出すその姿。その堂々たる姿はあまりにもカッコいいです。これこそが、「グレンラガン」に秘められた芯の奥から突き上げてくるような熱さなんじゃないかと思いました☆
上記のセリフを聞いた瞬間、本気で涙が出ました。一瞬画面が見えなくなるほどに。最近は涙腺が緩くなったとは思っていましたが、近来希にみる涙が出たと思います。その涙が熱いセリフによって、というのがまた何とも嬉しかったりします。心熱くして涙できる熱さがまだこの胸の中にあったんだ、と改めて感じ入ります。…ぶっちゃけ、このシーンは既に相当な回数見直してます。そして見る度に涙が出ています。さすがに最初に見たときと比べたら涙の量は減りましたがそれでもやっぱり涙が出てます。本当に熱くて素敵なシーンでした☆

そんなわけで、あまりにも熱い復活を果たしたシモンが今後どんな活躍を見せてくれるか、なんとも楽しみになってきました。
ますますハマりますぜ、「グレンラガン」☆



ところで。名乗りを上げた時のシモンのあの腕を組みながらの立ち方を見るにつけ、やっぱりガイナ作品だな、と思うのは私だけじゃないはずだ(含笑)。
[PR]
by avt-race | 2007-06-10 21:30 | 天元突破グレンラガン