旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 9 )

3組目のユニット・lily white一発目。


正直な所、なんかこう明確なつかみどころが無いような印象があります。突き抜けた特徴が少ないというか。
可愛いというよりちょっと背伸びしかけてまだうまくはまりきれていないような感じというか。まあそれはそれである意味アイドルの魅力の一つともいえるかもしれないのですが。

前2つのユニットがいろいろとやってきた分少しインパクトに欠けている感じがしてしまって。前2つがいろいろやってきた中、何か違うものを模索したけれど、この時点では固まりきらなかったのかなー、と
ほぼ同時に3組のユニットをデビューさせるという状況がそうさせたのかも、という変な勘ぐりをしてしまったり。

ただ、それゆえに上記したようなただ可愛いのではなく何か一味違う味付けが施されるであろう予感は感じられるとは思うのでその予感に思いを馳せる、という事ができる不思議な立ち位置の曲なんじゃないかな、と思ったりしています。
[PR]
by avt-race | 2017-02-07 06:05
BiBiふたつめ。ねばねば(何)。

聞いて一発目は大体の人は「なんぞ?」ってなってもおかしくはないかな、と。まあご多分に漏れず自分もそうなりましたやね(笑)。Never give upをねばねばとかちょっと思いつかないですよ(笑)。
なにせ一曲目があんなに格好良かったから余計ねえ。


ダイヤモンドプリンセスの直後にこういうある意味ふざけていて楽しい曲を入れたおかげでBiBiというユニットはなんでも有りな感じを獲得できたんだと思います。2曲とも格好良過ぎる曲だったらかえってユニットでやれる事が狭まってしまったんじゃないかと思います。まあいろいろできる、というのは他のユニットでもあるわけだけど、BiBiはある意味大分離れた「いろいろ」ができたユニットだよなあ、と。それが出来たのは間違いなくこの曲のおかげですよね。
ライブのダンスにおけるなんかぴょんぴょんした感じがとても人を食っているように思えたりするけど、やっぱりそれもBiBiのなんでも有り感を表しているよなあ、と思います。


歌詞の内容にしろ、ダンスの振り付けにしろ、何から何まで人を食っているような感覚に仕立てる事でBiBiに「変幻自在」な感じを与えられたと思うわけだけど、これが後々のしっとりとブチ上げの両極端に見事に行き着く事になると予想できた人はそうは多くないんじゃないかなー。…自分はリアルタイムではなかったけど、仮にリアルタイムで聞いていたとしてもそれを予想できた自信は無いです(苦笑)。


■■■■■■■■■■■■■■■

なんか一週間も空いてしまいまして………夜勤だの残業だの立て続いた結果なわけですが、なんとも情けない話……もうちょっ頑張って更新せねば、と思う所存です(汗)…
[PR]
by avt-race | 2017-01-28 08:30
ユニットその2・BiBiのひとつめ。 とにかくジャケットイラストがまあ格好良くていかん(何)。


歌詞を見ていて感じるのはとにかく「熱」「溶」といった類の言い回し。ダイヤモンドというある種の硬さの象徴なアイテムに対してどれだけそれをなくしてしまおうとしているのか。とにかくその熱量が目立つんですよね。だからこそ、けして速いとはいえないテンポの曲であっても体感は速いのかもしれないなあ、と。

あと、真姫ちゃんソロの部分が聞いていて密かにそわそわする感じがありまして。
なんというか、元々の歌のうまさがある中でそこからなんだか凄くカッコ良くみせようとするちょっとした背伸び感が密かちょっと強め、みたいな。……実はまだキャスト側がそのキャラクターならではの歌い方を模索中な結果、妙に背伸びしている感が出たのではないかなー、とか思ったりしてるんだが、どんなもんだろか。


■■■■■■■■■■■■■■

気付いたらなんか間があいてしまいました…マイペースにやってるとはいえ(汗)……なんだろうなあ、この忙しさやらは…
と、とりあえずほんのちょっとずつでも進めます…
[PR]
by avt-race | 2017-01-21 07:47
基本はリリース順、って事でひとまずユニット曲へ。

Printempsの一つ目にしてユニット曲最初の最初。
ある意味ここからラブライブ曲全般に対して飛躍的にいろいろな色がつきはじめた感ありますよね。

曲の最初に一瞬冷たい風が吹くような音が入ってるのでなんか冬のイメージがついてます。歌詞の世界からしてそのイメージで間違ってないかなー、と。
前のCD=スノハレが冬の幻想的な風景の中での恋愛に対して前向きだったのに対して、こちらはひたすらに隠れた悲恋ともいう情景。その対比もなかなか面白かったり感じるんですよね。

そして何よりこのメンバーにしてこの情景というのがなんとも刹那感満載でなんかこうそわそわしまくるんですよね。
「青く透明な私になりたい」っていうフレーズに、恋愛って綺麗な事ばかりでもないよな、っていう寂しさとかがうまく込められていて実に印象的。ただ純粋でいるだけではダメ、でもその気持ちもなくてはダメ。このバランスが実にうまい見せ方でこの曲の歌詞世界の魅力を凝縮しているなと思います。
でもその複雑な感情が渦巻いて絡み合うからこそ恋愛は恋愛たりえる。そんな気にもなる一曲なのです。
[PR]
by avt-race | 2017-01-14 14:28
なんか更新止まってました。すいません。…いうて基本的にマイペースなブログなので(何)。


で、今回はこの度の再起動までこの約5年の間に私の中で起きていた大きなムーブメントの話です。
といっても大きく分けて3つあるので今回はその1、って事で。





ムーブメントその1は、日曜日の朝の時間帯のテレビいわゆるニチアサです。
ニチアサ、といっても割と人によって主だって観ている範囲はバラバラですよね。自分の場合は、戦隊・ライダー・プリキュアの3本が該当します。

元々いずれの作品も5年どころかもっと前から観てはいたんだけど、そこそこに観ていただけでした。
転機になったのは仮面ライダーWから。決めセリフの格好良さ・謎解きの面白さ・個性的でバランスの良いフォームチェンジ・クセがありつつもどこか近くに感じてしまいそうなキャラクター…魅力は挙げたキリがないわけですが、とどのつまりいろいろな要素がことごとくツボにハマったわけです。
特にキーアイテム・ガイアメモリが面白くて人生で初めていわゆる変身アイテムの収集に走りまくりました。…多分、世に出ているガイアメモリはほぼ全種持ってると思います。
そんなわけである意味自分の人生に大きな影響が発生したわけです。

で、そのままの流れで仮面ライダーの世界にすっかりハマり込み、改めて毎週がっつり観るようになりまして。
その流れでその前後も以前以上に気にし始めて、海賊戦隊ゴーカイジャーの豪放磊落にして懐かしさも持ち続ける世界で戦隊物に改めて熱をあげ、スマイルプリキュアで実にストレートに時に可愛く時に熱く時にホロリと大切なものを訴えてくるプリキュアの世界を改めて深く楽しむようになって今に至ります。


で、個人的にこのニチアサに関する要素で大きなポイントになってるのはSNS(自分の場合はmixiとTwitterの連動)における実況です。
最初は備忘録的にやっていたのだけれど、やっていくうちに実況という行為そのものの楽しさにハマっていきました。なんかこうその場での「こうか!」「こうだ!」っていうのをその場その場で出していくある種のライブ感が楽しくて♪
基本的にリアルタイムで観れる時にはほぼほぼ実況してます。なのでもしかしたら、リアルタイムニチアサ時、それなりな検索をかけたら自分のつぶやきを見つけられるかもしれません(含笑)。



空白期間のムーブメントその1はそんな温故知新な話でした。
次回は2つめのムーブメントをしますので。…長文にははしないけど、まさに大ブーム、なアレです。
[PR]
by avt-race | 2016-12-28 19:40

とりあえず近況。

さて、しばらくぶりにこのブログを起動させたわけですが。
ではそのしばらくの間に何があって今どうなっているのか、ってな事を少し報告しておきましょう。


以前は関東にいた自分ですが、今現在は四国・徳島県にいます。唐突といえば唐突ですが、まあいわゆる一つの転勤というヤツです。
2010年初頭に異動しまして。…基本的にはこれまで何も繋がりのない地に異動することになって、まあ期待と不安をない交ぜにした状態だったわけでして。なにせ親戚一同東北寄りなもんだったからまあこれといった縁もなく(0ではないのだが)。
そんな感じで細々と仕事と生活を始めていったわけですが。……住めば都とはよくいったもので、衣食住は普通にできるだけのものは存在するわけだし、それなりな、というかむしろ徳島ならではのオタクライフ(←それはまた別の講釈)を過ごせています。
とりあえず、徳島ラーメンは個人的にはドストライクでした。これを現地にていろいろ食べれるのは結構嬉しきです☆



転勤時も特段いつまでとかいう話もなかったので、いつまで徳島にいる事になるのかまったくわかりません。ずっといるかもしれないし、唐突にいなくなるかもしれません。なので、とりあえずは今の状況を楽しみつつ過ごせたらいいな、という日々です。


とまあまずは軽く近況報告で。

次からはこのしばらくの間に俺のオタクライフがどう展開していたのかを書きますね。
(むしろそれこそがこのブログの本筋という話もある)
[PR]
by avt-race | 2016-12-05 10:35

リ・プレオープン。

どうもこんにちは。
お久しぶり、っていうかほとんどはじめまして、な感じになります。

この度、いろいろと思うところ・やってみようかなと思うところがあって、ブログを使おうかな、と思いまして。で、せっかくだから昔使っていたこのブログをまた使おう、ってことにしました。
といって、「やってみようかな」な事をいきなり始めても何がなんだか、な感じになりそうな気がしたので、それは区切りよく2017年の年明けからにして、それまでの間はプレオープン的に近況報告と自己紹介を兼ねた自分語りをしてみようかな、と思います。再起動兼プレオープンっていうことで「リプレオープン」とでも称しておこうとかな、と。ひとまずそんな感じで再起動です。


■■■■■■■■■■■■

私・旗次郎というヤツは、いわゆる一般人な人より多少はアニメやマンガやゲームを踏み込んで楽しむいわゆるオタク(アニオタ)な類の輩です。これ、大前提。
他にはカラオケや鉄道旅行といったものも趣味の範疇に入るかな、と。
そして何よりマイペースが信条。「ゆっくり」という意味ではなく。ま、その辺は文章や行動に出てくるかと思いますので(含笑)。



ま、そういった部分の細かい部分も含めて、このリプレオープンの間にいろいろ綴っていこうと思います。
そんなわけでもしよければ、お付き合いいただけたら幸いです。(低頭平身)
[PR]
by avt-race | 2016-12-02 13:56

テストー。

テストなんですよ。

…7年ぶり、だったか。

まあ近いうちに何か書く、かも。
(予定は未定)
[PR]
by avt-race | 2015-10-02 17:22
この4月から放映がスタートして、話題を振りまいている「コードギアス~反逆のルルーシュ R2」。
先日、未放映のその第3話の一部がネット上に流出するという事件があったそうです。そしてそれが、一部の動画サイトで流れてしまったわけです。
流出した原因は内部の人間の誤動作だったとかで、該当者は相応の処分を下されたとか。


で、これを受けて、制作サイドが対応を協議してました。一時、作り直しや放映中止も視野に入れて考えていたという話があったそうです。
結局、流出した部分も含めてそのまま放映する形でいく事になったそうです。


とりあえず、個人的には、結論からいって、「そのまま放映」の形になって良かったと思います。
もし、これが作り直されるという事態になったらどうなっていたか…

流出した第3話は、放映できる形であった以上、制作サイドが(放送の規制の範囲内で)作り上げたベスト(orベター)なもののはず。むしろ、放送の規制の範囲内で頑張って世に出せる形にしたもののはずです。
それを改変したり放映しなかったりする、という行為は、一度作品として成立しえたものの存在そのものを否定してしまう事にもなりかねないはずです。人に見せるにベスト(orベター)だったものを、そうではない、大げさにいってしまえば、作品して劣化させたものを世に送りだしてしまいかねなかった、という事態になってしまっていたかもしれません。

もしそうなってしまっていたら、今後、アニメに限らず、全ての創作物が、流出等の事態が起きた時には、劣化したものを世に送り出す図式が出来上がっていたんじゃないかと思います。
「コードギアス」の人気や話題性を考えれば、今後に対する影響は大きいはず。ゆえに、今回、「コードギアス」がそのまま放映するという選択をした事は、実は大きな意義があったと思ってます。


今回の事件は、著作権云々と同時に、作り上げられたもの存在意義にも影を落とし、今後の日本の創作物の行方を大きく変えかねない騒動だったと思っている次第なのです。











大体なあ、OPの扇とヴィレッタのツーショットのカットを見て狂喜していた所なんだ。そこでやめられてたまるか---!(←オイ)
[PR]
by avt-race | 2008-04-18 21:25