旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー

<   2005年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

この9月の名古屋行きに関してのオマケ話を少々。


●オマケその1
17日に仕事を終えて新宿に向かう途上での事。
携帯電話の留守電に吉宗氏から、「(今晩一緒に遊ぼうと思うから)連絡をくれ」とのメッセージがあったので乗り換えとなる赤羽駅で埼京線を待っている間に電話。

吉宗氏「今どこにいるの?」
私「赤羽。」
吉宗氏「赤羽ぇ!?何でそんなところに?」
私「あぁ、明日のオンリーの為に名古屋に飛ぶところ。」
吉宗氏「あぁ、じゃぁいいや。」

赤羽に居ることには驚くのに、名古屋に向かう事には驚かないというこの現象。「オンリーの為に」の一言で全て納得してくれたみたいで。いやぁ、よく判ってくれてます。付き合い長いから(含笑)。理解のある友人を持つのは良いね☆


●オマケその2
今回は強行軍ということで、エルドラン交流会の2次会でしか名古屋名物を食べられなかった私。飲み屋でのものなのでそんなにじっくり食べられたわけでもなかったので、じっくり味わえなくて残念がる私に現地でゆっくりお泊まりのakkeyさんヒサカさん
「明日は味噌煮込みうどんでも食べようかー」
を連発して私を悔しがらせてくれました。
そうしたら、後日、別の所の掲示板で二人して「味噌煮込みうどん食べましたよー☆」という書き込みを私宛にしてきて、私をいじめてくれました(泣苦笑)。チクチョー、次に行った時はガッツリ名物食ってやるわー
…とりえあず、私の好みとしてひつまぶしでも狙おうかなー。でも、リベンジとして味噌煮込みうどんにしようかなー。はてさて。…ってこれで何も食えなかったら更に悲惨だな(苦笑)。
[PR]
by avt-race | 2005-09-20 10:30 | 雑記
てなわけで18日の続き。


オンリーを終えて次に向かうは「エルドランネットワーク」の名古屋交流会。
実際の所、交流会自体はお昼ぐらいから始まっていて、私は2次会から途中参加という形。1次会がカラオケということで、カラオケクレイジーな私としては実はかなり悩んだのですが、カラオケは日を改めてやるのは簡単だけど、オンリーはそうは簡単にはいかない、ということで、1次会の時間帯はポケモンオンリーをセレクトした次第。
オンリー会場を出て、交流会幹事のkssさんにメールで連絡した後、とりあえず軽く某丼もののお店にて速攻で食事。…いや、オンリーの間ほとんど食ってなかったので(苦笑)。サクサクと食事を済ませた後地下鉄に乗り込み移動開始。途中乗り換えの丸の内駅で、行きに荷物を預けたコインロッカーから荷物を回収。30冊の同人誌(+カレー皿)と合わせると結構な重さに…
重い荷物に四苦八苦しながら名古屋駅に到着してkssさんと連絡を取りあって待ち合わせ場所・金の時計前にてkssさんと合流。まずは一安心。どうやら、2次会からの参加というのは私のみだったそうでなんだか余計な手間をとらせてしまった感があって申し訳ないやら(苦笑)。
丁度、一端個別行動に入っている時間帯で、一部の方のおみやげ購入タイムだったので便乗して私もおみやげを購入。荷物が更に凄いことに(苦笑)…
おみやげ購入組がひとしきり用を済ませたところで待ち合わせのために再び金の時計前へ。しばらくの間、雑談を展開。結構初めて会う人も多くていろいろ新鮮な気分。とはいえ、一度話し出すと止まらない気質のある私はなんだかいろい喋くりまくっていたかも(ドキドキ)…中には私のブログを読んでくれている方もいて嬉しい限りだったりしました☆
交流会後はどうするかという話になった時に、近畿から遠征のヒサカさん「どうせなら泊まっていきたい」と言い始める。しかし、万博開催中の3連休のど真ん中に果たして急に宿が取れるかどうか…「試しに行ってみます」と、ダメ元でヒサカさんは雑踏の中へ…
話しつつも、いい加減溜まってきた荷物が鬱陶しくなったきたので、何とかしたくなってきて、軽くコインロッカーを偵察に。すると、もう夜になっているからか、朝は満杯だったコインロッカーは空きが出てきていたので荷物を入れてとりあえず身軽になってまた皆の所へ。そこへ、先刻宿探しに離脱したヒサカさんが帰還。なにやら身軽になってるなと思ったら
「宿取れました☆」
との事。どうやら絶妙なタイミングでキャンセルが出た宿に当たったらしく当人大喜びのご様子。同じ身軽になったもの同士とはいえ、この後夜行バスで強行軍するのと、宿でゆったりするのとでは大違い(苦笑)…翌日仕事じゃなければねぇ…でも、同人誌に金を使いまくっていたらそれも無理な相談かなぁ(苦笑)。

そうこうしているうちに、他の用事で離脱していたという方々も合流して参加者全員集合。で、飲み屋へ移動。何でも、名古屋での交流会なのに、遠征者の方が多かったそうなので、名古屋名物が食べられそうなお店を選んだとのこと。しかし、何故に遠征者の方が多いのか…いや、私が言えた義理じゃないが(含苦笑)。
飲み屋では個室になっている所へ。部屋に入る前にくじを引いてそれに書かれていた番号の所に座るという形。これなら偏らずに席がばらけて…と思ったらなぜかほぼ入っていった順番で固まるような形に…それでも、皆同じ作品を好きなもの同士なのでさして問題にはならなかったみたいで。しかし、壁際に座った男性2名が周囲を女性陣に取り囲まれるプチハーレム状態になってました(笑)。
乾杯をした後は飲み食いしながらひたすら喋る喋る。私も場の楽しい雰囲気にのっかって初対面の人相手であろうと話が弾みました☆遠征者が多い事から、それぞれの交通手段に関する話題でお互いの遠征の労をねぎらいあったりして。更には、エルドラン他諸々のロボットアニメに関する話が展開。前半は、クライマックスになっているかなー、みたいな(謎笑)「SEED DESTINY」が話題。やっぱり皆さん不満というかツッコミたい事が満載のようで(笑)。この話、後半になってくると、徐々にスパロボの話へ移行。しかも、あまりマトモなプレイの話ではなく、個々のこだわりプレイで話が展開。ビーチャを一軍で活躍させたとか、オデロにウェーブライダー突撃させまくった事とか、Xにエニルを乗せたこととか、テキサスマックが主力だったとか…あ、ちなみに、全部が私のやらかしたことではないので誤解の無いように(苦笑)。
気づけば皆さん席を移動したりして更に交流を深めている御様子。そしていつの間にか先刻のプチハーレム状態の2名はそそくさと逃れてきた御様子。女の子に囲まれるのに戸惑った御様子。えぇ~?俺はもっときっちり囲まれた時も余裕で時間を過ごしたけどなぁ(含苦笑)。また、他の部屋のお客さんが連れていた子供がフラフラと迷い込んで(?)きたりして皆に可愛がられたりする一幕も。しかも、一回戻ったと思ったらまた来てたし。
そうこうして楽しく過ごしている内にあっという間に終了の時間。あぁ、楽しい時間は速いなぁ…店を出てとりあえず駅に向かう最中もいろいろと話し込んでましたが(笑)。そして駅に着いて解散。皆して来年もあることを期待しつつお別れ。
とはいえ、まだ多少の時間のある面々で少しお茶でも、ということになり、帰りの夜行バスまで時間のある私もそちらへ。この席では先刻の2次会であまり話の出来なかった方とも話せてこれまた楽しい一時。しかし、サクサクと夜行バスの時間が近づいてきたので惜しみつつ撤収しました…

皆さんと別れた後はコインロッカーから重たい荷物(苦笑)を回収して駅前の夜行バスの集合場所へ。行きの新宿駅西口での混雑があったので混雑を危惧していたものの、行きの時程はゴチャゴチャしていなかったのでスムーズにバスに乗り込めて一安心。隣の席の人が食べていたみそかつ弁当の匂いが気になったけど。
バスは予定通りに発車。私はいえば、強行軍の疲れからか、発車してまもなく就寝。高速道路に乗ったことはおろか、降りたのにも気づかないくらいによく寝てました。目が覚めたらもう新宿間近でしたからね。

そんなわけで9月の名古屋行き強行軍をなんとかこなしてきました。
せっかく名古屋行ったのに、やったことといえば……いや、今更ですかねぇ(含苦笑)。こんなパターン、初めてじゃないし(苦笑)。
でも、強行軍で大変だったけど、それ以上の「楽しさ」を味わえたので全然OKでした☆


さて、10月にもう一回名古屋だなぁ…(遠い目)
[PR]
by avt-race | 2005-09-19 10:00 | 雑記
さて。秋のオンリーシーズンの遠征一発目、名古屋遠征に行ってまいりましたよ。ちょいとその顛末でも書いてみようかと思います。


17日(土)、仕事を終えて脇目もふらず速攻で夜行バスの出発地である新宿西口へ。一応体裁は夜行バスツアーという形のもの(=旅行会社の用意したバス)なので、駅やバスターミナルではないのがポイント(それゆえに安い)。なので、集合場所は駅前ビルの前。バスの発車時刻は23:30.私が新宿に着いたのが23:15過ぎ。かなりギリギリですがな(汗)。とりあえず大急ぎで集合場所へ。一瞬迷いそうなったけど、何とか到着。が。50人はいると思われる長蛇の列。受付に並ぶ人の行列ができていたわけで。自分もそそくさと並んで受付へ。確かに以前別の夜行バスに乗ったときもそれなりの行列ができてはいたけど…自分の後にも次々と人がやってきたのをみると相当の規模だった様子。まぁ、確かに3連休のうえにあっちでは「愛・地球博」もやっているわけだから納得の行列。受付する頃にはとっくに23:30は過ぎていましたねぇ…って急ぐ必要なかったじゃん(苦笑)!バスに乗り込んでみたもののまだ空いている席もちらほら。そりゃぁあれだけ人がいればねぇ。バスも何台もあったし(大阪方面行きのバスもあった)。結局出発できたのは24:00頃でした。いやはや。
バスの座席はその安さに見合った(苦笑)狭さ。予想通りではあったけど、やっぱりツライ…しかも、隣の席の人は寝相のせいなのか徐々にこちらの方に寄ってくるから余計にツライ!結局は寝たり起きたりの繰り返し。高速道路のSAでの休憩ごとに外に出て体を伸ばしたり。これじゃ、社内にいる時と外に出ている時のどちら休めているのか微妙な感じも…ま、東京-名古屋を往復7300円ならば、そうなるわな(苦笑)。


そうこうしつつも、とりあえずの体力を保ちつつ一路名古屋へ到着。名古屋駅前に到着したのは午前6時頃。さしたる人気もないのが逆にいい感じ。都会のこういった静かな時間帯にいると不思議と落ち着くんですよねぇ。一日という「祭り」の前に静けさといいますか。
とはいえ、ここでボーッとしていても仕方がないし、時間もまだある、ということで、せっかく名古屋に来たということで名古屋の観音様・大須観音にお参りでもしようということにして、フラフラと移動開始。この日一日の移動は名古屋の市営地下鉄を利用してあちらこちらへと行くことになるので地下鉄の一日乗車券を購入して東山線ホームへ。東山線は終点の藤が丘で万博会場へ行くリニモと接続していることから、そちらへ向かうとおぼしき人たちが結構乗っている様子でした。こんな世界的イベントがやっている地に来て俺は(苦笑)…
地下鉄を乗り継いで大須観音へ。朝早くというのに結構な人出が…基本的に神社は朝早いですからね。で、入ってみると、なにやら骨董市のようなものが催されている様子。神社関連のものから、昔の本やら生活の小道具まで。場の雰囲気の和気藹々としていていい感じ。その様子を見ながらお社へ。お参りをして、今回の遠征が無事に、そして楽しくなることを祈願。骨董市のためにざわついてはいたものの、やっぱり朝の神社の空気はすがすがしくていいものですね。あぁ、俺って日本人(含笑)☆

大須観音を後にして、朝食と休憩のために繁華街へ移動。繁華街といっても朝の8時前では大して店も開いておらず朝食に悩みながら徘徊。そんな中でも、気づいたら視界にシャッターの降りた「とらのあな」や「まんだらけ」が入ってくるし!結局オタクか、俺は(含苦笑)!…結局これといった店も見つけられず朝マックで済ますことに…
朝マックを済ませた後、近くのネットカフェにて休息。何せ前日の仕事を追えた後に直行してきたものだから、その辺の汗を流すべくシャワーを浴びて一息。ふぅ。
ネットカフェを後にして余計な荷物をコインロッカーに預けるべくとりあえず名古屋駅へ。さすがに休日の朝10時ともなれば溢れかえる人・人・人。夜行バスから降りたった時とは大違いだなぁ、思いつつコインロッカーのある一角へ。しかし、その途上、係員の人が立っていて、駅構内のコインロッカーは全て埋まってしまったという案内が…一瞬悩んだものの、一計を案じて荷物を抱えた状態で地下鉄に乗ってオンリーの会場へ移動開始。
途中、乗り換えポイントとなる丸の内駅で改札外へ。するとありました、空きのあるコインロッカーが。そう、都心の乗換駅ならばコインロッカーもあるのではないか、というのが一計だったわけで。どうせ、後で名古屋駅に戻るときにもここを通るので、荷物はその際に回収すればOKというわけ。そんなわけでコインロッカーに荷物を預けて身軽になって、改めてオンリー会場へ。
会場のサンライフ名古屋の最寄り駅・浄心駅周辺はごく普通の街並み。一瞬迷いかけたものの地図を頼りに会場へ到達。会場の目の前には中学校があって体育祭が催されている様子。あっちは健康的なことしてるよなぁ…とか思ったり。何せこっちは室内にこもって

確実に不健康なことをすると

ころだからね
(含苦笑)!



会場に到着したのは開場直後の11時10分頃。鞄からポケモンイベント時に通常装備と化しているヒノアラシの肩のせ人形を取り出して肩の上へ。3年以上前に出会ってからすっかり相棒となってます。そして行く先々で可愛がられるのも毎回楽しい限り。もちろん、今回も可愛がられました☆
場内は既に大賑わいでいい感じ☆まずは場内を徘徊して様子を見る。いくつか見覚えのあるサークルさんもいたけれど、遠方・名古屋ということもあって始めて拝見するサークルさんも結構あっていろいろ新鮮☆ポケモンは多くの世代に愛されている分、遠征できるほどではない名古屋の若いポケモン作家さんがここぞとばかりに参加してきているわけ。ペーパーやサイト等で活動範囲を見てみると地元にしか出没しない、という方を結構見かけますからね。それゆえに思わぬ才能を見つけられたりするのも楽しみの一つ☆
ポケモンはゲーム・アニメ・コミックと幅広く愛されているからジャンルもやはり様々。私自身、最近TVアニメの方を全然見なくなってしまったので、どちらかといえば、ゲーム寄り。とはいいつつ、結構アニメ本も手を出していたり(どっちだ)。ゲーム本は妄想入れ放題なので、実に自由度が高いし、笑える実話も入っていたりして楽しいんですよね。描かれる主人公の性格も作家さんごとに違ってくるから実に多彩で面白い☆そしてアニメ本はやはり今年の映画の影響が大きかった!ルカリオ・アーロン関連の本の多いこと。二人の熱い絆は同人的にもいじりがいがあるもんな(笑)!また、コミック本はなんといっても、「ポケットモンスターSPECIAL」。キャラクターが実によくたっているので同人的にもいじりがい(含笑)があるし。中でも、今回、この時期に第1章本(ちなみに今は第4章進行中ですから)・しかも、サカキ×ナツメという本を見つけてかなり萌えました。なんだか乙女入っているナツメが可愛いくて☆
あと、実に淡くも可愛らしい色彩で素敵なポケモン絵本を作っているサークルさん(→こちら)も発見。絵本の出来ばえがかなり良くて感動したものの、本自体は既に完売…とりあえず2月のオンリーに出るということもおっしゃっていたのでそちらでなんとかGETしたいなぁ。他にもすごくカッコイイ切絵を作っているサークルさんがあってその出来ばえに感動して、ブースターのを購入しました。本気でカッコよかったー☆
時間がたつにつれコスプレも増えてきました。やっぱり多かったのは映画関連。波導の勇者の衣装が多かったですね☆とはいえ、ゲーム関連も相変わらず強く、敵味方ともに多かったですね。中でも素敵だったのは背も高くて超男前のマグマ団のマツブサさん!!2月に行った大阪でのオンリーでもいらっしゃったけど、やっぱりカッコイイ☆あんなにカッコイイ男がボスだったら、女の子がいっぱいついてきそうなぐらいですよ(笑)。
あと、イベントとしてくじ引きがやっていたので自分もチャレンジ。単純に番号の書かれたくじでいろいろな賞品が当たるというもの。ちなみに私は2枚引きました。くじを引いた後は当選番号の発表があるまで待つだけ。いよいよ発表の時間になって場内にはドキドキな空気が…賞品は結構用意されていて、ぬいぐるみとか各種グッズがいろいろ。いろいろ賞品が当選者に手渡されているのを見ながらドキドキしていたら、私もひとつ当たっちゃいました☆おぉぉぉ!?私ってヤツはこういうのは滅多に当たらないから結構ビックリ。で、賞品を受け取ってみると、なんだか重い…見てみると、ポケモンのカレー皿でした。…ってこれを関東まで持って帰るのかと思うとなかなか複雑な気分でしたが(苦笑)。
そしてなんといっても忘れちゃいけないゲームを使っての交流・ユニオンルーム☆休憩スペースの椅子に座っていざスタート。まぁ、人数はそこそこに。今回は交換が全然振るわず収穫無し…イベントでのユニオンで交換無しは初めてかな?今回はチャットしている時間の方が多かったですね。お互い自分の好みのポケモンについて語りまくっていました。ユニオンでチャットをあんなにしたのは初めてじゃないかなー。シンプルに好きなポケモンについて語るのも面白いですね☆予想以上に楽しかったー☆
しかし、休憩スペースにいる時に、夜行バスでの強行軍での疲れからか、数分寝落ちてしまいました(汗)。やはり、この強行軍のリターンはきてしまったなぁ、という感じ。しかも、ユニオンでチャット中に、ですよ。ネットやっていて寝落ちはよくきく話だけど、ユニオンのチャットで寝落ちはあんまり無いだろうなぁ…お相手の方、ホントにスイマセンって感じでした。

即売会終了の時間になって拍手をした後は、次なる交流会に向けての会場整理。ま、椅子や机を動かす作業ですね。一般・サークル・スタッフ関係なく皆で一気に作業開始。実は昔アルバイトでこの手の作業を良くやっていた私にとって、昔とった杵柄ってヤツで、気づけばいろいろ動けていました。というか、なんかでしゃばってしまった感もあったかも(汗)…
場内整理も終わった後は諸々の交流会スタート。ステージ上ではいろいろなパターンにコスプレの撮影があったり、一方では絵描きの方たちがいろいろなイラストを描いていたり。私のほうはゲームをやる人のスペースでゆったり。近くに座っていた方とLV50の公式ルールで対戦させてもらいました。なんでも、この方はポケモンフェスタの公式大会でのいくらか勝った事のある方。そんな上級者と対戦して勝てるほど私の腕前(育て)はいいはずもなく、ものの見事にボコボコにされました。やっぱり、上級者の戦略は違うね(苦笑)。その後はその方&そのお友達の方々とポケモン談義。自分はカードゲームで言えば完全にファンデッキ派なのでやはり戦略的にはからっきしだという事を再認識。上級者の組み立て方とかの話も少しだけど聞けたので面白かったです☆
そうこうしているうちにあっという間に交流会終了の時間になってしまいました。やはり楽しい時間は速く過ぎるなぁ(遠い目)…そして再び、場内の整理をみんなで開始。人数が多かったおかげであっという間に終わってました。皆で協力して何かを行う、というのはいいものですね☆
そして片づけが終わったところで主催さんからの挨拶があって終了。なごやかなうちに会場を撤収していきました。


そんなわけで、これまでのポケモンのオンリーやイベントとは少し違う感じの交流が楽しめて感じでした。同人誌の方もまた新たな可能性もあったりして実に楽しかったですね。そんな感じで狩った今回購入の同人誌の数は

30冊でした。

まぁ、大体予想通りでした。多すぎず少なすぎずでいい感じでした。
なんかもういろいろ楽しくてますますポケモンが好きなった、そんなイベントでした☆



しかしして、今回の強行軍はまだ終わっていないわけなので  →続く。
[PR]
by avt-race | 2005-09-18 23:30 | 同人話
吉住渉先生の連載第八作「だって好きなんだもん」の第2巻が出ました。2巻っていうか、最終巻なんですが....って速っ!コミックス派な私としてはいささかビックリ(汗)。吉住作品としては第4作「君しかいらない」以来の短さ。そういえば3巻以上の吉住作品はタイトルになんらかのカタカナが入っているのに対して短期作品になった2作はタイトルにカタカナ無し....これってもしかして法則化するか(←そんなバカな)?

今回は相手の男が、「本命がいる女の子の浮気相手でいたがる」という設定だったけど、逆にそれを活かし切れてなかった感じがしました。主人公の親友に言い寄る展開はあったけど、何かもう一つエピソードがあると、この設定にもっと深みが出たと思います。吉住先生、不調だったかなー?
にしても、最終回ヒロインにクマの着ぐるみ着せるか、普通(笑)?

今巻の最後の柱(フリートーク)に、今後はりぼんと平行して他の雑誌でも描く事になるというお言葉が。確かに、りぼんコミックス以外で吉住作品って無いんですよねー。20年(!)もりぼん一筋だったんですね。そう考えると感慨あるなぁ(何)。
他の雑誌上で展開される吉住ワールドも楽しみ楽しみ☆
[PR]
by avt-race | 2005-09-16 10:00 | マンガ

ゲーセンに行く秋。

ゲーセンにて、「サムライスピリッツ」の最新作「天下一剣客伝」が稼働開始した。とりあえず、怒スピリッツの斬紅郎で超斬りをブン回す日々になりそうである。その辺の細かい話は別の機会に譲るとして。

この秋になって、またしてもゲーセンに新作の波がやって来始めた。
この度のサムスピの他に、先週にはポップンミュージックの「13」が出たし、今月末にはギルティの新作も予定されている。そういえば、「アイドルマスター」も興味をひくものを感じていたり(何)。
これに加えて、夏に稼働していたメルブラや「ネオジオバトルコルシアム」「THE RUMBLE FISH 2」(実はこっそりやってます)もある。「太鼓の達人7」だってある。
こうしてみると、この秋のゲーセンは(個人的に)やるゲームに事欠かない状況になってきた。昨年や一昨年とかは、私的にはそれほどゲーセンが盛り上がっている感じがなかったので、久々に味わう感覚だ。どうやらこの秋は、ゲーセンにいれば、飽きることない時間が過ごせそうでなんだかウキウキしてきた。中々に楽しみな秋である☆

....ただ、こうなると、ますます家庭用ゲームやる時間がなくなりそうだなぁ(苦笑)。
[PR]
by avt-race | 2005-09-15 22:30 | ゲーム
三幻魔を巡る戦いが終わって一段落している遊戯王GX。今回は隼人クンの進路の話。
たった一枚のカードのデザインが認められただけで、デザイナーとしての道に招聘されるという事は、よほど大きなインスピレーションを感じた、って事でしょうね。それすなわち、隼人のエアーズロックに対する思い入れの強さが相当なものであるという事。ただの写生ではそうはいかないはずですからね。隼人のあのエアーズロックでの思い出の描写だけでは、その思いの強さはそれほど感じ取れない感じもするけれど、だからこそ逆にその思いがあのイラストからにじみ出ているという事なんだと思います....にしてもエアーズロックとはスト3の豪鬼を(以下略)
にしてもなんといっても今回のポイントはまさかのペガサス登場でしょう!!高橋J次郎氏によるあの怪しさ全開の喋り方は健在!ペガサスの怪しさを原作以上のものにしたといっても過言ではないあの喋り方は何度聞いてもイカすね!おしむらくは、同じく怪しい喋り方をするクロノス教授との直接的なやり取りがなかった事。せっかく同じ場にいあわせたのに。怪しい喋りによる応酬、みてみたかったんだけどなぁ(含大笑)。
[PR]
by avt-race | 2005-09-14 20:00 | 遊戯王
ゲームボーイアドバンスの新機種・ゲームボーイミクロが出ましたね。とある店頭に見本が置いてあったのでちょこっと触れてみました。
いやー、ホントに小さいですな。小さい事は判っていたんですが、予想以上でした。画面もGBAより見事小さい....というか、あそこまで小さいとゲームによってはやりにくくないかなぁ、って気もしますが。文字を読んだりする事になるゲーム(RPGとか)だと尚更に。
てな事を考えると、中々微妙な存在じゃないかと思いますね。GBAの性能をそのままにコンパクトにしただけだし、付属機器も専用になってるし。ポケモン等に付いてくるこれまでのワイヤレスアダプタは使えないのどうかなー。
既に任天堂携帯機では次世代のDSが出ているから今後、GBAソフトは以前ほど出てくるかどうか微妙な所。それとも、このミクロの小ささを視点に据えたソフトを開発してくる気なのか。それによって展開が変わってくる感じでしょうかね。

私的には、買わない方向で。DSの方で、楽しみに待っていたりソフト(ポケモンとか)やすぐにでもやりたいソフト(ジャンプスーパースターズとか)があるので、ミクロにまで手が出ませんので(苦笑)。
[PR]
by avt-race | 2005-09-13 22:30 | ゲーム

今週のジャンプ。(41号)

気づいたら先週書いてなかったジャンプの話。

●BLEACH
ついに喜助さんがマトモに刀抜いて戦ってるよ~☆まぁ、まだ本気じゃないんだろうけど(含苦笑)。
卍解したのにもかかわらず、ゴミ扱いされてしまった一護。強さのインフレが始まってきてますかー(苦笑)?一護としても、原因は「もう一人の自分」である事は判っているはず。後はどんな意識でこれに打ち勝つがポイントですよね。こういう話はWJ的には珍しくはないとは思うけど、久保先生がどういう結論を繰り出すか、楽しみだなぁ。

●Dグレ
とりあえず、アレン再始動。コムイさんの「神に選ばれているかもしれない」発言からすると、アレンのイノセンスはハートもしくはそれにかなり近い存在であるとみて間違いなさそうですね。さすが主人公(含苦笑)。
科学班に新キャラ登場ですね☆しかも一人は眼鏡っ娘。しかしまさか、ラビ以外で「ストライク」ネタをかますキャラが出てくるとは思いませんでしたよー。科学班にいるって事はある意味オタクなわけだしね(何)。ラビ(というか他の美形少年)を見ても「ストライク」するのかなー。それともアレン限定で突き進んでくれるのか、楽しみなキャラだなぁ(含笑)。
[PR]
by avt-race | 2005-09-12 22:30 | WJ

衆議院選挙。

いろいろと連日大騒ぎしていた衆議院選挙。私も投票してきました。ま、私がどこ&誰に投票したのかは内緒です。私はそういうのは云わない主義なので。

それはそうと、何でしょうね、今回の展開は。ま、自民が圧勝した事にはとやかくいうつもりはないんですよ。気に入らないのは大勢の判明ですよ。投票締切になった午後8時にいきなり「自民圧勝です」っていわれてもピンときませんよ。そんなにあっさり出されたら、ここしばらくのあの騒ぎは何だったんた、という気がするんですよ。特番組んでまで騒ぎ立てる必要があるのかどうかすら怪しく思えますよ。
まぁこんな事は選挙の度に思ってはいたのですが、改めて思うに、報道が騒ぎ過ぎている感がありますよ。やたら騒いだわりには結果があっさり出てしまって拍子抜けした感は確実なあるでしょう。確かに国の行く末を決める事だから重要なのは判るけど、だからこそその中身を伝える報道側はしっかりと落ち着いて地に足をつけた報道をしていかないと、情報面の厚みの無さによって同じ様な状況を向かえてしまうんじゃないかなぁ....

今や選挙対策は政治家だけの問題ではないのではないか、と思った今回の選挙でした。
[PR]
by avt-race | 2005-09-11 23:00 | 雑記

「PHASE-47 ミーア」。

実は先週見逃してしまった「SEED DESTINY」。この局面・このタイミングでの総集編は複雑なんですけど(苦笑)....っていうか、総集編はもういいって!ただでさえ出番の少ないミリアリアの出番が減るだろうが(←それかよ)!....ま、それはそれとして。

早い話が、ミーアという平凡な市民の視点でみた今回の戦争の良し悪しですよね。ラクスを演じていたという立場だって、結局は議長の構想実現をうまくまわすための歯車に過ぎなかった事を考えれば「平凡な市民」に過ぎなかったんじゃないかと思います。
実際、議長の云っているロゴス打倒等の理論は上辺的には凄く良いんですよね。キラ達だって、命を狙われたりしなければ疑わなかったと言ってたし。結局言葉だけでは真実を読み取る事は難しいどころか、言葉によって真実は隠されてしまうんじゃないかと。「言葉は真実を伝えるためにあるのではない。真実を覆い隠すためにあるのだ。」ともいわれますから(遠い目)。

勘違いばかりしている様にみえるミーアも何気によく観察してましたねぇ。アスランが一途である事をしっかり把握してましたから。相手は違うけどな(苦笑)。
[PR]
by avt-race | 2005-09-10 20:00 | アニメ