旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー

<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

しばらく書けていなかった「遊戯王GX」の話。このしばらくの間に思わぬ展開になってます(汗)。

エドとのデュエルに負けて、デュエルする事自体がトラウマ状態の十代は気力をなくしたまま。ついに行方をくらますにまで。なんだかんだいっても、十代に元気がないと全体的に違和感が漂うなあ....
そんな中、今章のボス(だよな?)・齋王と万丈目がデュエル。ていうか、万丈目が名のりを普通にやってる....これもやっぱり違和感、というか物足りない(含苦笑)....
「運命」を連呼する齋王に向かって、

 「見せてやるぜ、運命を打ち砕く破壊と創造のデュエルを!」

と言い放つ万丈目。「破壊」が入ってくる所に万丈目らしい熱さが出てていいなあ☆
しかしそれでも齋王は「運命」を導き出して、万丈目の気持ちを動かして勝利して、万丈目を自分の手駒に....誰かの手駒にされるなんて、万丈目らしくない!おまけにあの白い服も似合ってない!ノース校以来の黒服の方が断然似合ってるよ!孤高にして熱くてダーティな万丈目が大好きなのにっ!
あの「一!十!百!千!万丈目サンダー!」は私的に今年最高に熱いセリフなだけに、これはかなりへコむ事態ですよ、ホント....
[PR]
by avt-race | 2005-11-30 23:00 | 遊戯王
いよいよ最終局面に突入の「ガン×ソード」です。

ダンのべースを破壊された事で、やはりウ゛ァンの生命そのもののピンチに。まあなんとかしようとするわけですが、まさかジョシュア以外の人が宇宙の存在そのものを知らないという予想外の事態!!なんだ、この世界は天動説で成り立ってんのか(笑)!
そんなこんなで頑張り始める面々。さりげなく過去の科学者連中とも連絡を取り合ってるのがナイス演出でしたね。

さりげなく恋愛要素も。ま、ブリシラの告白は想定の範囲内でしたが、ここにきてまた童貞発言かとか思ったら、ブリシラは童貞の意味を知らないという有り様....そこがなんだか可愛いが(含苦笑)。
しかしなんといってもポイントはユキコのレイに対する平手打ちですな!ロクに接していないはずなのにあの平手打ち。これはもう、レイ×ユキコのフラグが立ちましたね(含笑)!寡黙で無骨な男にしっかり者の世話焼き女房の組み合わせが萌えますね!なんか次回予告にもそんなカットがありましたしね☆プリシラ×ジョシュア(何)と併せて萌えてきました(含笑)☆

次回予告でダリアが動いてましたねー。またファサリナのエロイ動きが見られるのかなー(ドキドキ)?
[PR]
by avt-race | 2005-11-29 02:46 | GUN×SWORD
アイシアの暴走っぷりが目立っている「D.C.S.S.」。そんな状況の中、美少女モノである事を思い出させてくれる回でしたね。各キャラのスク水・制服・肝試しの仮装、と夏の萌えアイテムのオンパレード。....ま、頼子さんいないから、どうって事ないけどな(泣)!

それでもアイシアの暴走は続いてますが。
さくらは「あんなわからず屋」というし、美春は「わからない事」といったりしてるけど、果たしてそうなんだろうか?他の皆にしてみれば、純一と音夢の仲は当然の事なんだろうけど、それは長年見ていたり、2年前の出来事を知っているからこその事。初音島での事をロクに知らないアイシアにそれを求める事自体が無理な話なはず。一連の行動をみていれば、アイシアというコは実に直情的で少ない言葉では「理解」を出来ないコである事はわかるはず。そんなコに、「自分たちの中で当然の事なんだから」とその「当然」を押しつけても納得しないのは必然。誰もそこに疑問を抱かない限りアイシアの暴走は止まらないですね。唯一ことりにその可能性がありそうなので、ことりが話の鍵になりそう。ことりはもう目立つことないかな、と思っていた分、面白くなってきた....かな?
[PR]
by avt-race | 2005-11-28 12:17 | アニメ

「強い大関」を求めて。

大相撲九州場所が朝青龍の7連覇でその幕を閉じた。様々な記録を今場所で打ち立てた朝青龍はまさに絶好調。ただ、これだけの事が成ったのは、けっしてその強さだけが要因ではないだろう。
既に北乃湖理事長が述べている事であるが、ライバル不在、言い換えれば他が「弱い」という事ではないか。特に大関陣のふがいない事といったらこの上ない。横綱の進撃を止め得る存在のはずが、ここの所毎場所誰かがカド番になっていて、その地位すら危うい。今の大関陣では正直に云って今の朝青龍の進撃を止める期待を持てない状態であるのは私などが説明するまでもないだろう。

思うに、その昇進条件が低いのではないだろうか。「関脇として3場所連続2ケタ勝利」は、現在の幕内力士の実力差の拮抗ぶりからするとわりと調子と運がタイミング良く重なれば、それだけで簡単に達成できるのではないだろうか。ある程度抜きん出て強いから映えてくる昇進条件のではないだろうか。
この条件のままでは「弱い大関」を増やし続けかねないのではないか。より厳しい条件をクリアする「強い大関」の誕生こそが、現状を打破しうるのではないか、そう思う次第である。
[PR]
by avt-race | 2005-11-27 19:49 | スポーツ
サッカーのJ1の優勝争いが最後にきて面白いことになってきた。勝ち点2差の中に5チームがひしめいた状態で残り1戦残すのみ。ホントに最後まで予断を許さない楽しい状況だ。
セレッソはついに1位になったとはいえ、2連続引き分けの上にロスタイムで追いつかれるような状態で、けして好調とはいえない。連敗で順位を下げてしまったガンバはいわずもがな。同じ勝ち点でならぶ鹿島・千葉そして浦和は中々に上がり調子でいい感じ。連勝も十分あり得る状態なので、かなり拮抗した状態といえるだろう。
次節、セレッソが勝てばそれで決まりだが、もしセレッソが引き分け・ガンバが負け・下3チームが勝つ、という事態になると....と考えるだけでも面白い。ここまで拮抗してくるとどこが勝っても面白い限りで実に楽しみである☆

鹿島の独走で終わると思われていた今期のJ1だったが、ガンバの急浮上で沸き、最後に来てこの大混戦。千葉のオシム監督は「もう遅い」とか言っていたそうだが、少なくとも観ている方にしてみれば、そんな事はない。この拮抗で予測困難な状況は実に楽しい。予想だにしていなかった終盤になってからの混戦模様。
さあ、最後に笑うのはどこだ?
[PR]
by avt-race | 2005-11-26 22:30 | スポーツ
笹原×荻上の関係が中々微妙で面白いやらやきもきするやら、な状態の「げんしけん」。たまにはちょっくら最新号の話なんかを書いてみようかと。

荻上が何ゆえ、オタク、そしてヤ○イに対して嫌悪感を持っていると見せているのかが、その過去を通して描かれましたね。よもやまさか、同級生の男子どうしでヤ○っていたとは....しかも中学生の時分に片田舎な土地で。娯楽が少なめそうな雰囲気の土地にみえたけど、それが逆に妄想というオタク道を熟成(?)させる土壌となった、という事なのだろうか....?
自分に告白してきてくれて、なおかつ周囲に秘密ながらも付き合っていた男でヤ○イを描くとは....たとえ対象となったのが付き合っている男であっても、己の中の妄想という名の欲望の前ではそんな事実も無意味になるのか。そう考えると、妄想という行為そのものは欲望と直結しているって事なんでしょうね(汗)。
にしても、中学生の時分から、人をみて受け攻めを判断できるのは、荻上が生粋のオタクである証なのかな。ボソリと言い放っている辺りが尚の事、心の奥底から言っている=そのオタク魂が生粋のものである事を示しているような気がしたなあ(遠い目)....
[PR]
by avt-race | 2005-11-25 23:55 | マンガ
家で何気にかかっていたラジオからなんだか聞き覚えのあるメロディが流れてきました。それはthe indigoの「ファンタジェスタ★ガール」。思わぬ曲のセレクトにビックリ。実はこれ、「アニマル横町」のED曲。これが極普通の朝のラジオでかかるのが意外な事。しかも天下のNHK第一で!確かに明るく爽やかなノリで聴いていて小踊りしたくなるような気持ちのいい曲で、確かに爽やかな朝にはお似合いのではあるけれど、まさかNHKでかかるとは....
とかなんとか驚いてはいますが。the indigo自体はもともと十分に実力のあるいわゆる玄人受け的なアーティスト。その一曲をたまたまNHKが拾ったと考えれば不思議でもなく、the indigoにはそれだけの良さがある事が証明されたわけです。
the indigoは過去に「藍より青し~縁~」のED曲「I Do!」で知ってました。実に爽やかに染みとおってくるようなメロディーと歌声。すっかり気に入ってこの曲にハマってました。「縁」はこの曲の為だけに観ていたといっても過言ではないぐらいでしたからね(何)。

そんなわけで、妙にそして確実に染み渡っているthe indigo。心地よくなりたい、そんな方におススメです♪
[PR]
by avt-race | 2005-11-23 14:51 | 音楽
いよいよ終盤に向けて盛り上がってきた「ガン×ソード」。久々に感想なんかをば。

まったりペースの謎女・ファサリナがついに出撃。女性らしい優雅フォルムが印象的で、色を変えてカムフラージュまでできるあたりがまさにまったりと優雅な感じですな。....しかし。なんといっても、ファサリナがエロい。とにかくエロい。コクピット内での体のくねらせ方といいセリフ回しといい、狙っているのは判っているけれど、とにかくエロくてドキドキです(含苦笑)。
しかし、ウ゛ァンはその上をいくカッコ良さだった!!ファサリナのエロい誘い文句に対してズバリ一言、

 「俺、童貞なんだ。テメェに俺の純潔は渡せねえ!!」

こんなセリフを堂々と言い放てるなんて、いろいろな意味でカッコいいぜ、ウ゛ァン!そういったあけっぴろげで快活な所がウ゛ァンの魅力の一つだよなあ、と再認識しましたね☆

宇宙に上がったミハエルがあっさりとダンのべースを破壊。主人公の鎧のべースの破壊シーンにしてはあっさりな感じはあるけれど、諸々の繋がりやネタや謎をさりげなくみせるのも「ガン×ソード」の面白い所。だからこそ、ますます見逃せないなあ、って感じです☆
[PR]
by avt-race | 2005-11-22 03:30 | GUN×SWORD
しばらくぶりになるジャンプ話。

ブログ更新が滞っている間に、ジャンプ上は個人的に厄介な感じになっていまして(汗)。Dグレは作者急病で止まるし、「みえるひと」は今にも終わりそうな位置に来てるしで結構慌てちゃうような感じです。BLEACHが絶好調なのが救いですな....とかいいつつ今週の話をば。

●BLEACH
巻頭カラー☆かわいいなあ、織姫☆
袖白雪で予想外の強さを見せてくれたルキアがあっという間にやられてしまいましたね。面目躍如かと思ったのに....
弓親が冷静に一角の隊葬の準備を告げるのが印象的。こういった別れの「覚悟」も十一番隊らしくてズシリときますね。
とか思ってたら一角が卍解とかいい始めましたよ!副隊長でも珍しいんじゃなかったんかい、卍解って(苦笑)!まあそれはいいとして、直線的なヤツらにしては秘密が多いな、十一番隊....やちるが卍解とかしたらどうしよう(←それは無い)。

●みえるひと
明神の「煮えくり返って煮汁も出ねーよ。」がいいですね。怒り切ったが故に、一線を越えた明神がカッコ良くみえていい感じ☆何か一線を越えて人は強くなる、って事ですね。
あと何週保つだろう(ドキドキ)....
[PR]
by avt-race | 2005-11-21 23:47 | WJ

11月19日という日に。


11月19日です。まあ、世間的にはなんて事ない土曜日。しかし、私的には大事な日。一体何事かといえば。


Happy


Birthday to


ME!!
(&更木剣八隊長(何)☆)


って事で、私の誕生日です☆やっぱり誕生日っていうのを考えるとなんだか普段と気分が違いますね(ドキドキ)。

で、年齢を一つ重ねたわけですが。正直、私もいい年になってきました。若くなくなってきたんですよね。体力的な面や、趣味関係で新しく知り合った人が自分より10歳以上離れていたり(汗)、といった所でそれとなく感じていたような気はしていましたが、それでもなんだか実感が湧かない。というか、信じられないというのが正しい気もしますが。「もうそんな年かよ」みたいな(苦笑)。なものだから、年齢を一つ重ねたからといって何かが急に変わるとは思えないんですよね。時々、「この年齢を機に変わろう」みたいな事がいわれたりするけど、中々変われるものでもないわけで。人間、大きく変わるのって、思わぬ事が契機になる事の方が多いと思います。だからとりあえずは、誕生日を機には大きくは変わらないとは思います。

ただ、改めて思うのは、変わらないのであれば、どんなに年をとっても自分は自分であるという事。
具体的にいってしまえば、まだオタクであり続けるだろう、って事です。自分の場合、なろうと思ってなったわけではなくて、気づいたらこうなっていました。ま、いくつかそうならしめる要因となる作品等はありますが、結局はそこに何かを感じたからこそその世界にこの身をやつしていったのだと思うから。理屈立ててなったのではなく自分の中の感性がそうさせうるものだった、というわけです。だからこそ、意識立ててやめる事はまず不可能。私がこの道から外れる事があるとしたら、感性そのものが激変した時でしょうね。無論、今の所その見込みはありませんが(含苦笑)。
いい年した大人がいう事ではないかもしれないわけで、いつまでも子供じみた事をいっていると思われるかもしれないけど、私はそれでも構わないし、何より、それが真実だと思っていますから。
人はみな大人になろうと懸命に努力している子供だろ?THE BOOM「いつもと違う場所で」
ともいいます。生きていてどこか納得できない所が誰にでもあるはず。結局どんなに大人ぶっていても、それがある限りは完全に大人には成り切れない子供に過ぎない。大人になるってそういうのを沢山とっぱらう事ができた人なんじゃないかと思うから。そして幸か不幸か、私は世の中の諸々をそう簡単に「ハイそうですか」と納得してスルーできる性格ではないので(含苦笑)、やっぱりこのまま突き進んでいく「懸命に努力している子供」って事になるんじゃないかな、と思います。だってどんなに綿密に計画を立ててみたって、どんなイレギュラーがあるかわからないし、いつどんな心変わりがわからない。結局、一年後の自分がどうなっているかなんて、一年後にならないとわからないし、二年後三年後、十年後なんて尚更。だから、ここまで突き進んできた自分を大事にしつつこの先も進んでいこうと思います。
過去の無いヤツに未来は無い。過去が積み重なって今があり未来へ繋がっていく。どんな過去も決して無駄なんかじゃない。全ては今の、そして未来の自分へと繋がっているんだ!!遊戯王デュエルモンスターズ第134話)

という事だと思います。過去も今もそして未来も自分という存在を成立させてくれている。だからこそ昔の事にいろいろこだわり離れないで子供じみた状態もある程度あってもいい。だからこそ子供じみてオタクであり続けると思うし、それでもいいと信じて進んでいきたい。たとえ「いい年した大人が何を」といわれても、このまま突き進んでいく。だってそう信じてきた過去と現在があるからこそ、またこうして未来へと進もうとしている自分がいるのだから



そんなこんなで、せっかくのブログ開始後初の誕生日なのでつらつらと述べてみました。ま、他にもいろいろ思う所はあるんですが、いい加減きりがないので、今回はこの辺にします。…ホラ、文章のまとまりのなさからいって、そう簡単に変わらない事が証明できてるでしょう(含苦笑)?

というわけで、今後もひねくれたオタク道をマイペースに進んでいくであろう私・旗次郎をどうぞよろしくお願い致します(低頭平身)。
[PR]
by avt-race | 2005-11-19 08:50 | 雑記