旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー

<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

朝起きたら、「ストロべリーパニック」(第4話)のタイマー録画がされてない事が発覚。
確かにタイマー録画のスイッチはONになっているのに何故か録れてない。時間も間違ってない(毎週録画)。なのに録れてない。原因がまったくわからない。そんなバカなあああああっっ!今回は待ちに待った天音先輩の(実質の)初登場の回だというのにいいいっっ!

今回翌日日曜日がオンリーの為に朝早いからタイマー録画にして早く寝たのに、こんな時に限って録れてないなんて。リアルタイムで見ている時にとれていて、見てない時が録れてないなんて意味ないよ....せっかく前々からずっと楽しみにしていたエルドランオンリーだというのに、その朝にこれはないよ....
かなりへコんでます。猛烈に途方にくれてます。フラフラになりそうです。悲しさいっぱいです。切なくてしょうがないです。もうなんといったらよいのか....チクショー!ありえねえええええぇぇぇぇぇ!!!!天音先輩ーーーっっ!はあああああぁぁ....
[PR]
by avt-race | 2006-04-30 07:47 | アニメ
いよいよアニメオリジナル展開の真髄が現れてきている遊戯王DM再放送です。

ついに海馬がビック5・大門と対決。大門が余裕をかました物言いをしるのに対して、熱い一言

「俺の中にたぎる蒼き炎。それを恐れぬというなら、かかってこい!」

お前は破嵐万丈か(笑)!でもそれが自然に出るのが海馬。そしてそれがシビれるほどハマるのが津田ボイス☆
そして乃亜編、というか、遊戯王アニメ屈指の問題シーン。コートで隠したデッキマスターはサイコショッカー!サイコショッカーのデッキマスター能力なんて罠破壊以外に考えられませんがな。それを隠して相手に罠カードを伏せさせるという卑怯この上ないといいますか。ただあそこまで露骨だと逆に楽しいのがまた「遊戯王」の楽しいところだと思います。最初のうちはなんだこりゃと思ったけど慣れると楽しいんですよねえ。それに慣れてきたのも本放送時のこの頃からだったなあ(遠い目)。
大門のデッキは非常に良くできてますな。ライフ回復を繰り返すというのはできそうでできない感じなのでいいプレッシャーになるんじゃないかと。

そして来週も海馬の熱いデュエルが続くわけだ。楽しみ楽しみ☆
[PR]
by avt-race | 2006-04-29 22:32 | 遊戯王
いろいろと予断を許さない状況になりつつある「遊戯王GX」の話。

ついに三沢がキレてしまいました。これまでさほど感情の起伏をみせていなかった分いざキレると大変な事になる、って事ですかね。
にしても十代達はのんき過ぎですなあ。あんまりまわりが見えてないというか。言われて初めて気づくパターンなわけですが、それでも揺るがないのはそれぞれの我がしっかりしているからなのかもしれないのですが。逆に三沢はいろいろ考えてしまうがゆえに認められない事に不安を覚えてしまったわけで。思索が過ぎるゆえの悩み、なんだか他人事に思えなかったり(汗)....結局そのもろさゆえに押し切るところを押し切れなくてデュエルに敗北。決断力の重要性もかいま見た気がします。
エドが三沢のそういう面を見極めていたのは意外だったかも。なんだかんだいって三沢の実力は認めていた、という事だったんですね。
結局三沢も光の結社へ。更に万丈目がオジャマトリオを捨ててしまいました。なんかもう憂鬱な展開が続いていて切ないです....もっとツッコめる所があるけど、気分が憂鬱でこれ以上書く気力も削がれてしまいますよ....はあぁぁ....
[PR]
by avt-race | 2006-04-26 23:49 | 遊戯王
スパコミへの展開へのリミットな(含笑)ジャンプ話。

●TO LOVEる
矢吹先生久々の連載です。脚本付きで。
ん~、なんか微妙かも。ヒロインは確かに可愛いんですが、ズレた性格がちょっとしっくりこないかなあ。無理に矢吹先生が描くキャラじゃないような気も....
ただ、矢吹先生の場合、暗くなる話もうまくさっぱりと読めるようなしてくれる描き方をしていると思うので(「BLACK CAT」はまさにそうだった)、その辺りの手腕を活かせるかどうか、がポイントかなー、と思います。
にしても、新連載なのに、本誌の表紙では隅にしか載ってないのはなんか不安をかき立てるなあ....

●BLEACH
やっぱり雛森でしたね☆最初のうちは雛森復活か、とか思ったんだけど、まだ藍染の事をふっきりきれてなかったんですね....その辺りのはかなさも雛森らしいといえばらしいんですが....一瞬よさげに見せて落とすのがまた久保先生、って感じもしたり(含苦笑)。

●みえるひと
明神が、明神がめっちゃくちゃカッコイイ!!感情を押し殺し気味にしゃべったり、コモンに次々と技を叩き込んでいったり、「知れ。案内屋は」のくだりとかフツーにカッコイイ!これぞ主人公って感じです☆
[PR]
by avt-race | 2006-04-25 00:15 | WJ
仕事の忙しさも一段落ついた日曜日、久しぶりにサンシャインクリエイションに足を運びました。まあ、都内に所用があったので、「せっかくだからサンクリも覗いてみるかね」っていうノリだったのですが(含苦笑)。

所用を済ませてサンシャインに着いたのが12時半頃。先日、互いに同人好きである事が発覚してしまった同じ職場のS君とメールのやりとりをするも、見事にすれ違い。こういう場で職場の人と連絡を取り合うのもなんだか変な感じでしたね(謎笑)
まず最初になじみの天敵(←無論良い意味で)のT-TA氏のスペースへ。シスプリのサークルも減ったなあ、というような話をしつつ、次回のサンクリや10月のシスプリオンリーへの展望やらをいくらか話して盛り上がる。
しばらく話した後、T-TA氏ととりあえず別れて私は徘徊を開始。廻ってみるものの、どうにも私が欲しくなるような本が無い…マリみてもFateもTo Heart2も手をだしていない私では、なんだかもう随分人気作から外れてるのかなー、俺。などと思いつつ徘徊。すると後方から私を呼ぶ声がして、シスプリ仲間のICMさんと遭遇。しばらく一緒に歩いたり。その途中、念願のストパニ本を発見してゲット。中々見当たっていなかった分、嬉しさがありましたね。このパターンの喜びはマイナージャンルでしか味わえませんな(含苦笑)。

別に寄る所のあるというICMさんと別れて別ホールへ移動。のんびりと徘徊しているたらライジンオー仲間の橋沢せりなさんとひくじまあきさんが話している所に遭遇(せりなさんが友人の手伝いでそのスペースの留守番をしてました)。しばらくはひくじまさんとカラオケ話を展開。上には上がいるものです(謎)。ひくじまさんが移動した後、今度はせりなさんと二人で「武装錬金アフター」の愚痴ブチ撒け大会LV1を開始。最後の最後でどんでん返しされてしまった切なさをひとまずブチ撒けました。一緒にブチ撒けてくれてホントありがとうございました、せりなさん。次回はLV2ってコトで(含苦笑)。
せりなさんの所を後にしてまた徘徊。予想外にめぼしい本を発見したのでそれを買ったりした後また別ホールへ移動。残すはいわゆる男性向けが集まるホール。同人で18禁ものを買わない&買った事のない私はざっと見てみるもののやはり特に買う物は無し、となりました。

一通り見終わって最初に行ったホールに戻り再びT-TA氏の所へ。そこでシスプリ仲間の塾長さんにも遭遇。今度はお仲間や「双恋」に関する話でおしゃべり。(主にT-TA氏が)怒涛のようにしゃべっている内に時間は過ぎそれぞれに撤収の時間になったので塾長さんと連れだってT-TA氏の所を離れてしばし徘徊するうちにサンクリ終了のアナウンスが。拍手をした後、とりあえずサンシャインを後にしました。

この後は他のシスプリ仲間と落ち合ってゲーセンで軽く時間をつぶした後、飲み会に突入。
一軒目の店が、注文した品が中々来ない事がやってられなくなって、場所を変えて飲み直し等があったものの、これまた楽しい時間を過ごしました☆

そんなこんなで久々に同人イベントの空気を吸えたし、何より仲間といろいろおしゃべりできて実に楽しい一時でした。
にしても、今回何人もの方に、私がサンクリという場にいる事を驚かれました。いやあ、

浸透してますなあ、私のオンリー至上主義は(含大笑)。

時として面白い傾向ですな☆
ちなみに今回の収穫は7冊でした。何気にサムスピの闘劇予選レポート本とかを手に入れられたのが嬉しかったり。逆に密かに「極上生徒会」本を探してみたけど見つからず残念。まぁ、ストパニ本が手に入っただけでも良かったかなー。このストパニのサークルさん、かなり絵が可愛くてお気に入りになりました(含笑)。
ってコトでやっぱり同人イベントは楽しいなぁ、と感じた一日でした☆
[PR]
by avt-race | 2006-04-24 10:03 | 同人話
展開が早いのか遅いのか微妙な気もするストパニの第3話です。

新キャラ千早と水島登場。周囲が変わり者なだけにこういうコが映えるのは気のせいだろうか(苦笑)?ちなみに個人的には千早の方が文学少女な雰囲気を持ちつつ明るさも持ち合わせている感じがして好感触。今後も出番はあるのかなー(ワクワク)?
百合モノの中で「二人は夫婦みたい」とは露骨にきましたねえ。確かに12年とは長いですね。そこで「夫婦」という表現はストパニらしいなあ。しかしなんといっても、「新婚夫婦みたい」といわれて喜ぶ玉青が可愛い。原作ではあんまり見られない玉青って感じで、これはこれでいいなあ(何)。やっぱり美少女の明るい表情は心華やぐ、っていう事ですかね?

千華留がいい感じでマイペース。今後も裏でいろいろやらかしてくれそうで楽しみですな。千華留も渚砂に目をかけ始めたとなれば千華留の動きも面白くなりそうな気がします。渚砂を通じて静馬になんらかの動きをしたりするかなー。ついでに千華留×渚砂フラグとかは…さすがに無いか(笑)。

いちご舎探検中と森の中、と今週も2回の静馬×渚砂シーン有。そして今回も2回とも寸止め(笑)。なんだかもう第何話でキスに至るのか、でトトカルチョができそうな気がしてきました(笑)。…それにしても生天目さんの静馬がホントよく似合ってますねぇ。奏会長(極上生徒会)を想起させつつも、それが更にパワーアップしている、そんな気がします。あれは渚砂でなくてもあてられてしまうですよ、ホント。
千代と渚砂がまた少し接近。こっちは少しずつ少しずつ、という感じ。果たして千代がどこまで渚砂に近づけて、そして物語に関わってくるのか、密かに楽しみです。…あるかなー、蕾→千代(何)。

「屋根裏」というタイトルからして、玉青が渚砂にもっといろいろとちょっかいを出すのかなー、とか期待していたんですが…その辺はまだまだこれから、って事ですか(含笑)?
そして次回はいよいよ天音先輩登場☆その王子っぷりがアニメでどこまで描かれるのか、楽しみです。


そういえば、今週、OP曲「少女迷路でつかまえて」のシングルが出るんだよなー。この曲結構ハマるんだよなー。既にビデオで何回もリピートしてるんだよなー。うーん、買っちゃおうかな…
[PR]
by avt-race | 2006-04-23 09:30 | アニメ
再放送もいよいよもってヒートアップしてきた「遊戯王DM」です。

OPナレーションが御伽です。中々活躍の無いヤツ(苦笑)なだけに結構貴重だったり。
静香は本田が倒され泣き崩れて動けなくなり、御伽は孤軍奮闘。そこで撃つ起死回生の一手・ダンジョンダイズフィールド☆御伽考案のDDMを再現したカード。そりゃあ御伽もビックリですよ(笑)。とはいえ、御伽の一世一代の見せ場、って事で頑張る頑張る。
にしても、実際のデュエルでも存在するのか、このカード....?だとすれば中々良い一発逆転のカードになりそうですが。
大田は融合モンスター・パーフェクト機械王で対峙。っていうかまんまスーパーロボットですがな(笑)!肩口にミサイルランチャーがあったけど、他に何か武器はあるのかなー(何)?

静香は場に到着した城ノ内に励まされて復活。何気に芯が強いのはさすが城ノ内の妹といったところ。にしても、城ノ内は静香に優しいよなあ。
御伽のブラックニンジャのデッキマスター能力発動アクションでしっかり九字(?)を切ってる感じ。変な所で細かいよな、このアニメ(含笑)。

さあて、次回は海馬VSサイコショッカーだ(含笑)!
[PR]
by avt-race | 2006-04-22 22:26 | 遊戯王
まだ閑話休題状態の「遊戯王GX」の話。

今週はいわゆるオタクキャラが相手。ものの見事にひきこもり君でした。明日香の事を「明日香タン」呼ばわりしているうえにストーキング....いかにもなキャラ造形がなんか痛いやら切ないやら....ネット上の掲示板で恋愛相談というのもオタクらしさの演出なんだろうなあ。要は「電車男」がモチーフだろうか....?
クイズデッキ、中々面白いですね。でもこれって復活させたカードも同じ問題内容だと使い回しできないけど、どうなってるんだろう?墓地から復活させる意味はあるんだろうか?問題を任意に変えられるならばいいんだろうけど....この辺、アニメしか見てない=カードゲームをやってない人間だからよくわかりません(苦笑)。デッキを組む時間と身近な相手がい(あ)ればなあ(遠い目)....

にしても今回の明日香はキツかったかあ。幻想と現実のギャップを際立たせていた感じでした。万丈目の「今日のキミはクールすぎるぜ」という言い方がなんか笑えたなあ。

そして次回はかなりかなり久々となる三沢のデュエルですよ~。何ヶ月ぶりなんだか(遠い目)....
頑張って組んだ新たなる理数系デッキ、楽しみにしてます☆
[PR]
by avt-race | 2006-04-20 22:43 | 遊戯王

新庄の引退。

プロ野球・日本ハムの新庄が引退を表明しました。ニュースを見て驚いています。

長年在籍した阪神を辞めて思い切ってメジャーに行き、そして北海道の地でそれまで培ってきた「新庄らしさ」を発揮しての活躍は素晴らしかった。何より素晴らしかったのは自分のいる立ち位置をしっかり見極めて見る人を楽しませてくれた事。メジャー時代に

「記録はイチロー君に任せて、僕は記憶に残るプレイヤーになりたい」

と言っていました。私は新庄のこの言葉を聞いて「この人は、人として一流だ」と思いました。
何か大きな記録を成し遂げる事も当然素晴らしい事ですが、逆に後々その「記録」に引きずられてしまう事もあると思うのです。うまく説明をできないけれど、どこか人を引きつける何かを持っている、そんな人間こそが人間としての魅力を溢れさせているんじゃないかと思いますし、私もそんな人物でありたいと思います。そして新庄はまさにそんな人間なんじゃないかと思います。なんというか、実に人間としての魅力に溢れた人だと感じるわけです。

そんなわけで、引退後もまたなんらかの形でその記憶に残る人間性で見る者を楽しませてくれる事を期待しています☆
[PR]
by avt-race | 2006-04-19 12:43 | スポーツ

「無条件」を考える。

ちょこちょこと溜めつつ完成次第書き出しているバトン。また一つ(なんとか)まとまったので出してみようかと思います。
今回は「無条件バトン」。「無条件」をキーワードにしたいくつかの質問に答えていくものですね。このバトンを私にくださったのは、「コミックバトン」に引き続きライジンオーのオフ会でお世話になっている瀏さん。毎度ありがとうございます(低頭平身)。そして遅くてスイマセン(汗)。
そんなわけでいってみましょうかね。


●無条件でときめく5人

この場合の「ときめく」の定義をどこに定めればいいのかいささか悩みますが…

北原杏樹(ママレードボーイ)
あれだけ恋愛炸裂の中で
「二番目でいいの」
発言があまりにも素敵すぎました☆あの健気さは感動モノ。俺だったら一番目でOKなのに!!
咲耶(シスタープリンセス)
その姿といい、立ち居振る舞いといい、「お兄様」という呼称といい、とにかく全てがラブリー&キュートかつエレガントでたまりません☆それでいて実は心脆かったりするところがまた絶妙です。
野ノ原りんご(デリシャス!)
とにもかくにも一目ぼれでした。あの細い線で見せるその可愛らしさはたまらないです。目標のために頑張る姿がその可愛らしさをよりいっそう引き立ててくれます。
木ノ本さくら(カードキャプターさくら)
みているこっちまで「はにゃ~ん」となってしまうその笑顔は可愛くて仕方が無いです。毎回変わるコスチュームも可愛くて可愛くてしょうがないです。
天上ウテナ(少女革命ウテナ)
男装の麗人かくあるべし、というコ。凛々しさと可愛らしさのバランスが実に絶妙でした。

全部なんかのキャラクターじゃん、というのは今更ですね。…オタクな私らしい回答じゃないか(含苦笑)!


●無条件に嫌いな5人

実はこれは結構、いや、かなり悩むのですが…

>平気であらぬ疑いをかける人
>無駄に他人の恋路を邪魔する人
>いじめられる側に問題があると考える人
>人にはそれぞれ「個性」があることを認めない人
>自分ができる事は他人にもできると決め付けてそれを強要する人

正直、自分は「短所ばかりに見える人もどこかしら長所があるはずだ」と考えるので「嫌いな人」を考えないようにしています。なので、上記した条件の人も場合によっては当てはまらないかもしれないことを追記しておきます。

●無条件でお金をかけられるもの5つ

同人誌
同人とはこれ全て一期一会、と思っているので金を惜しんでいるヒマはありません!
カラオケ
俺が歌うことを金銭で止められてたまるかぁっ!!!!金と時間と体力ある限り俺は歌うのをやめないぜ!
食費
下手に我慢していざという時に動けなかったりするのはなんだか癪に障るので。なので、この場合は「量」を確保するためだったら金を惜しまない、という意味になります。逆に「味」にはあまりこだわりません。
交流費
要はオフ会とかの費用ですね。せっかくの交流の機会を金が無いからといって続けられないのはもったいない!
コミックス
グッズとかはあまり手を出さない代わりに基本である「原作」はしっかりいつでも見れるようにしておきたいのです。

●無条件に好きなもの5つ

同人誌
その作品・キャラを好きな同志の「好き」を詰め込んだ結晶は他では見られらない素敵な逸品です。
カラオケ
様々なメッセージを自分の口でメロディに乗せることで、より深く感じる。その瞬間が最高です。
雪景色の只見線
冬になると必ず行っています。超がつくほどのローカル線で眺める雪景色はとても静かに綺麗であの白さは格別です。
広い湯船に入っている時間
全身を伸ばして暖かいお湯(温泉)に身をゆだねる。その心地よさはこれまた格別なのです。
物思いにふけっている瞬間
何にも邪魔されない自分の好きなように操れる一時。これほど好き勝手できるものもないんじゃないかなー。

下3つは抽象的なんだか具体的なんだかよくわからないですね(苦笑)。でも、なんとか表現してみればそういう感じ、って事で。

●無条件に回す人5人
さても悩む所ですが、なんとか悩んで以下の5名の方へバトンパス。

まるやすさん
橋沢せりなさん
塾長さん
塔炎一真さん
幻希(幻翔)さん

まぁ、例によって強制ではないので、日記(ブログ)のネタとしてやってみるもよし、暇つぶしにやってみるもよし、スルーしてもよし、という事で。…かなり久しぶりの接触になる面々もいたりしますが(遠い目)…



そんなわけで。私が「無条件」を考えるとこんな感じのようです。
自分というヤツは実際、時として色々と考え込んでしまうため、なかなか「無条件」というものを探し出しにくかったりします。一瞬「無条件でいける」と思っても、ふと「本当のそうなのか?」と考えてしまうことがあるので実は「無条件」になりにくいのです。そんな中で、今回「無条件」を探し出してみて、改めて自分というものを見つめ直すことが出来た、そんなバトンだったかな、と思います。
[PR]
by avt-race | 2006-04-18 10:00 | 雑記