旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー

<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今週のジャンプ。(35号)

梅雨明け一発目のジャンプ話。

●BLEACH
お、織姫~~!切ないよ織姫~....たった一人許された別れの相手はやはり一護。しかしして当の一護は眠ったまま。その一護を前にして普段の明るさを保とうとしている姿がまた切なさを誘いますよ。想い高鳴って一護にキスをしようとするものの、それができない。一護を本当に本当に好きだからこそ、寝ている間に、なんてマネはできない。気持ちがきちんと通じた形でそうしたい、そんな感じもしました。強い想いを持ちつつも、相手や周りの事を考えて自身は一歩引く、そんな健気さは私的にかなりツボなので、今回の織姫はかなりヒットです☆....この織姫がどうなるか考えると不安がいっぱいですが(汗)。

●みえるひと
ついにきました一周年~☆Cカラー☆真ん中に立っているひめのんが妙に凜々しくみえるのが素敵です。やっぱりただ守られているばかりじゃないですな。
対ゴウメイ戦は相変わらず双方バトルマニアくさいのが楽しいです。なんて思っていたらひめのんとコクテンが小さく争いだしましたよ!互いをつねりあう姿が可愛いよ二人とも(含笑)☆....って、マジでこれが三戦目なんですか(汗)?
[PR]
by avt-race | 2006-07-31 12:31 | WJ
先日、某店でsavage geniusの1stアルバム「風の結晶」を買ったところ、専用の応募ハガキがついてきました。それを送ってみたところ、アルバム発売記念のSECRET GIGに当選しちゃいました☆まさか当たるなどとは思っていなかったのでかなりビックリでした。そんなわけで、そのSECRET GIGに行って来ましたよ~☆

会場は渋谷の某所。ますはいろいろドキドキしながら渋谷へ。SECRET GIGなんてものに参加すること自体初めてなのでますはそれでドキドキ。更に、マトモに渋谷へ行くのも久しぶりなもので更にドキドキ。そして、今回の同行者・樋口結都クンに会うのも久しぶりでドキドキでした。そう考えると行く道すがらはかなりドキドキしていたり(汗)。
渋谷のモアイ像前で樋口クンと待ち合わせ。約3年ぶりの再会。今回のSECRET GIGには双方まったく別個に応募&当選していたのですが、彼の日記で当選の旨を知りちょっくら誘ってみた次第。私なんぞのお誘いにのってくれて嬉しい限り。

とりあえず会場を突き止めた(?)ものの、早い時間だったの周囲を散歩しつつ雑談した後会場に戻りいざ入場。今回のSECRET GIGの参加者は200人。会場はすし詰めにすればもう50人ぐらいは入りそうな広さだったのでそこそこに余裕があったかと。いわゆる小さなライブハウスといった雰囲気なのでステージには充分に近くていい感じ。2回目の案内放送が流れた後に余裕でサクサクと(笑)ああさんとTakumiさんが入ってきていざスタート☆

ああさんのトークは最初からなんだかノリよく回る回る。アルバムの初回特典のDVDを観て、結構喋りそうな人だなぁ、とは思っていたのですが予想以上に良く喋る方でした。喋り出すとノリがよくなり、一人でボケもツッコミもこなせる、そんな感じ。だからこそ聞いていても楽しいんですね。Takumiさんはそれほど喋ったわけではないけど(それでも、普段に比べれば喋った方らしい)、あの素敵な英語(含大笑)を生で聞けましたのが楽しかったです(DVD観た人にしかわからないネタですが)☆あと、ゲストミュージシャンとして柿島伸次さん(トランスフォーマーの曲とか歌ってます)が登場。思わぬゲストにいささかビックリ。ステージ上にキーボードが置いてあったのに、Takumiさん使わないなー、って思っていたら柿島さん用だったんですね。ああさんのトークにツッコミを入れる柿島さんも楽しい方でした。…ちなみに、アンコールがかかった際に「じゃぁおれが『トランスフォーマー』を」と言ったとか言わないとか。それはそれで楽しいかも(何)。
曲目を間違えそうになったり、さりげなくアンコールを引っ張り出そうとする所とか、ああさんのトークの仕方が本当に面白かったですね。ちなみに、アンコールで出てきた際のトークに対してついつい「もっと喋っちゃってください」とああさんに向かって云ったのは私です(含笑)。だってそう云いたくなるぐらい楽しいトークだったんですもん☆

ライブの曲目としては、「想いを奏でて」「Take a chance.」「into the Sky~風の結晶~」「四月」「butterfly」5曲。そしてアンコールで「Forever...」でした。私がsavage geniusを好きになるフィニッシュブローになった「祈りの詩」が無かったのは少々残念でしたが、「into the Sky~風の結晶~」と「butterfly」を生で聞けたのは嬉しかったですね。特に「butterfly」はかなりお気に入りなので生で聴けて嬉しい限り。
ああさんの声はアップテンポでもミドルテンポでもしっかりと聞こえてきていました。ライブであろうとしっかりと保てるボーカルセンスはやはり素敵です☆あの歌声を間近で聴けたのはとても良かったですね。ああさんの歌声は通りがいいから本当に聴いていて心地よいので間近だと尚更良いですね☆
結局アンコールを含めた6曲でライブ終了。当選ハガキに書いてあった予定時刻より30分も早く終わってしまったのが残念でしたが、短い時間でも凄く楽しめました。当選して良かったです☆また機会を見つけてsavage geniusのライブイベントに行きたくなりました。しばらくは都内近郊ではなさそうなのですが(近日中に西の方で数件有)、また機会を見つけて足を運んで応援したいと思います☆





ちなみにライブ後は樋口クンと渋谷を徘徊。
同じ所を何回も歩き回って足が疲れる状態でしたが、ゲーセンや某レンタル屋で一緒に楽しい時間を過ごせました。なんか引きずり回したみたいでスイマセン、って感じでしたが(汗)。
にしても、あんなに渋谷を歩き回ったのは久しぶりでした。歩き回れば歩き回るほどいろいろ発見があって面白かったです。見方によっては下手にオタク色の強い秋葉原や池袋より面白いかも、とか思ったり(含笑)。…センター街入り口の所にある某レンタル屋の品揃えはかなり素敵でした。やべー、なんか借りてー(含笑)。
[PR]
by avt-race | 2006-07-30 23:00 | 音楽

今週のジャンプ。(34号)

梅雨明けぬ7月のジャンプ話。

●BLEACH
平子参戦ですね~。ちょっとビックリかも。そこで入る助けは死神かと思ってました。仮面側も虚閃を撃てるんですな。じゃあ一護も修行すれば撃てたりするんか(そんなバカな)?

●Dグレ
確かに、アクマっていわゆる「堕ちた」存在であって、元々は人間なんですよね。だからこそアクマには「堕ちた」事から抜け出させるという救済を行う....なんだかDグレの初期のアレンを思い出した気がしましたね。
そしてイノセンスが新たな形へと再発動。自身の根幹に立ち帰ったからこそ新たな一歩を踏み出せた、という感じですね☆

●みえるひと
ミズチ消滅。最後は妙にキレイに終わった感じでした。そんなミズチの後始末(?)として、さらりとコクテンが敵陣に。毒を吐きつつ陽気な所が相変わらず可愛いです☆ミズチの事を思って憂い顔に....なんだかんだ言いつつもパラノイドサーカス同士で感じ入る所はあるんですね。
明神VSゴウメイは真っ向勝負。ゴウメイだけでなく、明神もバトルマニアくさい所があるからねえ(笑)。
来週はCカラーって事で、懸念だった一周年問題(?)は一段落しそうですな。......あーよかった(汗)。
[PR]
by avt-race | 2006-07-25 22:23 | WJ
7月という事で、いろいろと新作アニメが始まっています。ま、相変わらずそれほど見ているわけではないのですが、その中にひとつ気になる作品を見つけました。それはおとぎ銃士あかずきんというやつです。
ま、いうなれば、世界の命運を左右する鍵となる少年を守るために女の子が戦うというファンタジー系の話。話的には、分かりやすくどちらかといえば子供向けな感じ。一話一話当たり前的な事をしっかりと刻んでいるのが好感触です。とはいえ、どことなく凝った作りは単に子供向けという感じでもないので中々面白そうな作りになっている感じです。絵柄もすっきりしていて見やすいのも良い感じ。まあ逆にそれが萌え心をくすぐっているような気もしますが(笑)。
いろいろ良い点はあるのですが、まあ要するに三銃士の一人・白雪姫が可愛かったんですよ☆やっぱり良いですね、眼鏡っ娘は!!落ち着いて口が達者でいろいろやりこなしつつも、どこか抜けてそうに見えなくもないのがなんだか可愛いらしいんですよね。なんか周りからは「白雪」と呼ばれているのがシ○スプリを彷彿とさせてくれますがね(含笑)!
なんのかんのいっても妙に目の離せない可愛らしい魅力を持った作品ではあるわけです。

で、主人公・赤ずきんの声はかの田村ゆかり。OP曲も田村ゆかり。この組み合わせ、もしや。と思って見てみたら、

コナミの制作でした

またコナミです。またしてもやられてしまいましたとも!なんか昨年の今頃も「極上生徒会」にハマってそんな事を云っていた気がしますよ!本当につくづくコナミから離れられないんだなぁ、と思う次第ですな…
まぁ、間違いなくこのOP曲「童話迷宮」(CDは8月発売)がカラオケに入ったら歌うんだろうなぁ(含苦笑)。…こんなこと書いていると誰かさんが嬉々として田村ゆかりの曲をごっそりと奨めてきそうだなぁ(笑)。
それにどうやら、既にオンリーの開催が決定しているらしい(速っ!)ので、何かと目が離せない作品になりそうです。

とりあえず、私のアニメ視聴は、今期はこの「赤ずきん」が新たに加わった状態になってます。6・7月で2作品が1クールで終わっているので、都合1作減った形です。さて、この夏のアニメ戦線はどうなりますことやら(ドキドキ)☆
[PR]
by avt-race | 2006-07-22 22:00 | アニメ

黒いヤツが出るそうな。

先日(14日記)NINTENDO DS Liteを手に入れた際、Lite本体の色には欲しいと思っていた黒が無いので一番近いであろう紺を買ったのですが。なんと、9月に正式に黒(ジェットブラック)が出るそうですよ!なんじゃそりゃあ!せっかく中間案として紺を買ったばかりだというのにそれですかい!
海外版で黒があるとの事だったから日本版より1万円以上高かろうが、むしろそれを(下取りとかしてでも)買うかとか思っていたのでそうはならなくて済みそうではあるけれど、やはりなんか複雑な気分ですよ~。もうタイミングが悪すぎというかなんというか....
黒の発売は9月という事で、微妙な開きがあります。今更せっかく買った今の本体を手放す気はないけれど、9月になると下取りとかの値も下がっていそうな気もするよなあ。大体、9月の下旬にはポケモンの「ダイヤモンド」「パール」が出るので、他のゲームはそれまでにある程度片付けて(進めて)おきたいので、本体を手放すなんてするわけにいかないよなあ....さても悩ませてくれます、ホント。
とりあえずは9月の時点での状況を鑑みて紺のままいくか黒に乗り換えるか決めようと思いますが、複雑な気分は続きそうです(遠い目)....
[PR]
by avt-race | 2006-07-21 22:30 | ゲーム
いくつかのアニメやゲームで主題歌を歌っている男女二人組のユニットsavage geniusの1stアルバム風の結晶を買いました☆先日行ったOUTRIDEの中で初めて彼らの歌を聴いて好感触だったので「OUTRIDE」の勢いそのままに(何)買った次第。

で、実際聴いてみるとなるほど聴いているうちに染みてくる感じの仕上がりになってました。全体的に落ち着いた曲調に彩られたゆったりとした雰囲気だけれども、実はしっかりと情熱的。全曲vo.のああさんが作詞していて、その詞は優しい言葉を使いつつ実はかなり情熱的な詞になっている感じです。言葉の並べ方が丁寧だから表面的に控えめに感じるけど、しっかりと情熱をぶつけてきている、そんな感じです。プロデューサーのTakumiさんの音作りもまた丁寧に上記の雰囲気を作り上げて守っているので、これまた詞の内容をうまく盛り上げていると思います。そしてなんといってもああさんの通りのいい歌声が聴いていて心地よいんですよね。「OUTRIDE」の時も感じたけど、バックで重めの音が流れていても負けずに通せる、そんな声をしているので歌そのものの魅力が聴いている側に通り易いんじゃないかと思います。「OUTRIDE」で、あの素敵なステージに立てて応援してもらえたうれしさで涙ぐんだそのストレートな情熱の持ち方が声にも詞にも反映されているのかもしれません。
私的に、アルバムの内容的には6曲目から10曲目の流れが好きです。この辺りは静かな曲調の曲が続いているので、私的に気にいった(上記した)savage geniusの魅力がしっかり出ている感じがするのでお気に入りのところです☆
そんなわけで、静かに染み渡る情熱が響く「風の結晶」で、ゆるりとそれでいてしっとりとsavage geniusの魅力を堪能していくと致しますか☆
[PR]
by avt-race | 2006-07-19 09:40 | 音楽
海の日があった為に、ジャンプの33号が15日の土曜日に出たわけですが。私の記憶が確かならば、この33号で「みえるひと」が連載開始から一年経過したはずです。確か、昨年の33号から連載開始だったので、時間的には1年が経過したわけです。ここのところ、WJの感想でカウントを入れていたのは、ここへのカウントダウンだったわけです。最後、いろいろ忙しくてきちんとカウントとれなかったけど(苦笑)。

にしても、ジャンプ誌上で何もいっていない、という事はどういう事だろう?一周年とみなすには、時間ではなくて、回数で判断していたんでしたっけ?ちょっとその辺、記憶が曖昧なんですが....まさか、掲載の位置が位置なだけに(=打ち切りの可能性が高い)下手に祝えないとかじゃないだろうな(汗)....状況を考えるとあながち冗談に思えないんだよなあ....大体にして大敵キヨイは姿を見せていないし、コクテンが活躍してないんだから、ここで打ち切られてたまるか(汗)―!

せっかく一年間頑張ってきたんだから、なんとかきっちりきれいに一周年を祝ってほしい、というのはわがままですかね....?とりあえずもう少し様子をみてみようと思いますが、はてさて....
[PR]
by avt-race | 2006-07-18 23:30 | WJ
サッカー界の一大イベント・W杯が終わって間もないこの16日、勢い余って(?)サッカーを生で見に行ってみました。まああれです、W杯の熱気にあてられたようなもんですな(含苦笑)。以前から一度Jリーグの試合を生で見たかった、というのがありましたからね。
で、今回見に行ったのはJ2の柏VS神戸。何故かJ2ですが…とはいえ、この時点で柏は1位、神戸は3位という事でJ2的には結構重要試合ですから、見に行って損はない(?)てな感じで。個人的に場所・日程がうまく合ったというのもあってこの試合をセレクトした次第です。それに、密かに神戸はお気に入りのチームのひとつだったりしましたから。

会場は柏のホーム・日立柏サッカー場。常総線に乗り終え、取手から柏へ移動。結構早い時間に着いたので駅周辺を散策。サッカー場への出口=東口には既に柏のサポーターが何人もいてチラシを配ったりしてました。これぞホームの熱気というべきでしょうか。
散策ついでに夕食を済ませていざスタジアムへ。柏駅からスタジアムへの道はレイソルロードと名付けられてスタジアムに向かう人の波で、こちらも少しづつドキドキ感が募ってくる感じ。
この途上、小学校の所に、違法駐車や騒音に対して注意を呼びかける看板があったのですが、そこには市や警察の名と共に柏レイソルの名もありました。実に些細な所ではありますが、こういう所から地域への定着が始まるのかな、という気もしましたね。

スタジアム前に到着すると、既に応援の声や鳴り物の音が高らかに聞こえてきました。まさにスタジアムの外にまでその熱気が伝わってくる、そんな感じ。
中に入るとその熱気をしっかりと感じられました。既に結構な数の席が埋まっており、今か今かという雰囲気です。これは確かに気分も高揚しますわ☆
今回自分の席はバックスタンドの中ほど。しかし、バックスタンドとはいえ、周囲はレイソル一色。うーん、まさかここまでレイソル色になっているとは…正直、ちょっと油断してましたね(苦笑)。J2とはいえ、すぐにでもJ1でやれるだけの力を持ったチームはサポーターの勢いも違いますね。神戸サポーターは、神戸ゴール側の自由席の所のほんの一握り。柏サポーターの熱気に押されますね、これは。

そしていよいよ試合開始。試合としては首位で勢いに乗る柏がその勢いのままに早い時間帯に先制点をあげて、更には前半終了まぎわに、神戸から一人退場者がうえに、柏は追加点をあげてかなり良い形で折り返しました。後半、なんとかしようとする神戸が攻勢を強めてくるものの、一人人数が多い柏はその攻撃を封じ込めて3点目も決めて勝利しました。神戸が全然調子が良くなかったのは残念でしたね…
で、雰囲気はといえば、ホントに熱かった!サポーターは各選手の一挙手一投足に反応し声援を送り、それが途絶えない。なんというか、各選手に勢いをつけるブースターとでもいいますか。
「サポーターは12人目の選手」
とはよくいわれる事ですが、なるほど、と思いましたね。アウェー側にしてみれば、やりにくい事この上ないでしょうね。四面楚歌とはまさにこの事。多少なりともサポーターはいてくれるものの、やはりあれだけの敵方の声援という名の攻撃は、普通に辛いものがあるでしょうね。月並みではありますが、それがどれほどのものなのかは実際に体感しないとわからないと思いました。すぐ傍にその熱気を出す大勢のサポーターがいるからこそ感じられるパワー、まさにそんな感じでした。
丁度私の左隣に座っていたカップルがかなりのレイソルサポーターだったようで、その人の熱い応援を傍で聞いていたおかげで柏の何人かの選手の応援歌が擦り込まれたような気がしましたし(含苦笑)。

試合が終わってヒーローインタビューまで聞いて、スタジアムから撤収。
帰りのレイソルロードではホーム・柏の勝利でロード全体が意気揚々という感じでした。この雰囲気もホームならではといったところでしょうかね。レイソルロードの道すがらに、某新聞の販売所があって、その前でこの試合結果を載せた号外を配ってましたね。動き速いなあ…

というわけで、熱い応援風景を堪能して参りました。
生でスポーツの試合を観たのはかなり久しぶりだったし、Jリーグでは初の生観戦という事で少々戸惑いがちではあったけれどその熱さに浸れただけでも実に楽しかったですよ☆それぞれのチームを応援する熱さ、応援で一体になる楽しさ、そして実際に目の前で様々なプレイを見て感じるサッカーの楽しさ。90分の試合の中で実に良いものを感じた、そんな気がしました☆
機会を見つけてまた行きたいですね☆
[PR]
by avt-race | 2006-07-16 23:50 | スポーツ
梅雨も明けていないこの7月半ばの日に少しばかり鉄道絡みで出かけて参りました。行き先は関東鉄道常総線。茨城県の下館と取手を結ぶ路線で、全線非電化のいわゆるローカル私鉄という路線です。
今回、関東鉄道が鉄道部品即売会を開くという話があったので軽く覗きに行く足でこの常総線に乗りに行ったわけです。そんなわけで、その様子をつらつらと書いてみようかと思います。

地元から東武線に乗り込み、久喜経由で東北線を北上し小山へ。ここで下館に向かうための水戸線に乗り換え。水戸線に乗るのは結構久しぶりなのでなんだかワクワクするものがありましたね☆小山を出てすぐに発生する、一度車内の照明が消える(直流→交流への切り替えの為)のも久々に見ました。なんかワクワクするんですよね、コレ☆以前と変わらぬローカルな風景を横目に下館へ。…ちなみに、途中車窓に見えたゲーセンに一瞬心引かれそうになったのはないしょのしみつ(笑)。

下館で水戸線から降りて常総線へ乗り換え。自分はSuicaなので一度出場処理をする為に簡易読み取り機のある改札へ。下館の2つある改札の寂しい(苦笑)方の改札で、空間のその静けさがなんだかうら寂しさを感じさせてくれましたね…改札口で常総線一日フリーきっぷ(土休日発売)を買ってホームへ。ホームは1面2線のこじんまりとした作り。片方には現在の常総線(下館側)の主力キハ2400系。が、もう片方を見ると結構年代物的にみえる白(クリーム?)色と青のシンプルなツートンカラー車両が一両。てっきり先述のキハ2400系ばかりだと思っていたのでちょっとビックリ。しかし、キハ2400系の方が先発だし、後々の事もあるのでこちらは後のお楽しみという事にして(含笑)とりあえず出発。
一両編成の車両に乗り込んでみると、乗客は自分を含めてわずかに十人。おかげで皆さんかなりのんびりしている様子。うむ、これぞローカル線(含苦笑)。ほどなくゆっくりと発車。発車して下館を離れてほどなくして左方向へカーブ。この後もガンガンに左へとカーブを切っていきました。なんかかなり容赦ないくらいの曲がり方になんだか感心するぐらいでした。強引なように見えてしっかりとした軌道でしたね。

車内がのんびりしたままとりあえずの目的地・下妻到着。ここで結構人が乗ってきていました。
改札口を出て、目的の部品即売会はどこだろうと見回してみると、改札の反対側への階段の所に「鉄道部品即売会会場はこちら」と書かれた簡素な立て看板が。それに従って階段&橋を渡り反対側に出て案内に従っていくと小さなプレハブが…よもやまさかと思ったら本当にそこでした。
中に入ってみると広さは鉄道車両にして1.5両分ぐらい。そこにテーブルがいくつか置いてあってまばらに鉄道部品が置いてある、という質素も質素な即売会となっておりました。どうやら目玉的なものは早い段階で売り切れてしまったらしく、それほど凄いというものは特になし。硬券が結構な数を置いてあったのですが、細々としすぎて逆にパッとしない感じでしたし…
結局のところ、特にめぼしいものもなく何も買わずじまいでした。まぁ、随分とゆっくりと行ったし、実は今回は別の用件に付随して行った、というのもあったりしたので、とりあえずこんなものか(苦笑)。…鞄は欲しいかなぁ、とは思っていましたが、売り切れでしたし。

即売会会場を出て駅近辺を少し散策した後駅に戻り、再び列車に乗り込み移動開始。
今度は先刻下館で見たツートンカラーの車両=キハ100系が到着。実は、下館でサクサクと移動したのは次にこれが来ると予測できたからでした(含笑)。中に入ってみると、なるほど年代物的な無骨な雰囲気。そして空調は扇風機!鉄道乗って扇風機はかなり久しぶりだったのでかなり感動しました。なんかもう、更にローカル色が出てきて素敵な感じですよ~☆
そんな「味」を楽しませてくれつつ列車は田園風景の中をマイペースに進みます。実にのどかで平凡な風景が流れていく感じがローカル気分を更に掻き立てられて感じですね☆
のんびりと走るうちに、常総線の要衝・水海道に到着。常総線のほとんどの列車はここを起終点としており、ここで乗り換えという事になってます。
せっかくだから、乗り換えついでに途中下車して周囲を散策する事に。駅前からは、東京まで直通の高速バスが出たりしていてなるほど交通の要衝という感じもするのですが、人気はあまりなく、なんだかこれまた寂しい感じも。
少し歩いた所に2階建てのショッピングセンターみたいな建物があったので立ち寄ってみる事に。中を見てみると、中々の広さの売り場面積の3~4割が何もないという、いうなればスカスカな状態…もはやローカルとかそういうレベルじゃないように感じてしまうほどでした。その広さを見るに、おそらく昔はいろいろなお店があったのだろうけど、地方都市の空洞化の影響をモロに受けた、という事なんだろうか…?
とりあえず、その中にあった定食屋みたいなお店で遅めの昼食。どうやら実はこの日は祭のようでそこそこの人出はあって昼間からビールを飲んでいる人もいて中々に賑やかではありました。ただ、それでも何も無い空間が多々ある光景がなんだか切ない…
昼食をとり終えて建物を出て再び散策。確かにお祭り関係の店やら神輿やら人だかりやらができていて賑やかになっていました。…でも、よく見ると雰囲気自体はうら寂しい感じが否めなくて、これが祭ではない普通の日はどうなっているのか、なんて事を思うと、地方都市の空洞化について複雑に考えてしまう気がしましたね…

駅に戻って再び常総線に乗車。ここから列車本数も増えて車窓も街の間を走る感じに変化。乗客もそこそこ増えたかな、という感じ。
とか思ううちにつくばエクスプレスとの接続駅・守谷に到着。ここで結構な人数が下車していきました。やはりここから都心まで1時間かからないその存在はかなり大きいような感じですね(遠い目)…
乗り換え客を見送りつつ、一路終点の取手へ。守谷から先では乗降は少なく静かに進んでいく感じ。でも、つくばエクスプレスができるまでは違ったのかな、とも思ったり(汗)。
そんな事を思ううちに思い切り右カーブして取手駅に侵入して終着した次第です。

初の乗車となった常総線。関東近郊でありながら、上記したようにローカル化が結構進行している、そんな沿線風景でした。今後、都市化と地方空洞化がどのように進んでいくのかなんともいえないけれど、もし地方空洞化が大きく進んでしまったらこの沿線の将来は不安の方が大きくなるような気がしてなりません。確かに人気の少ないローカル線にはローカル線の魅力が溢れるのですが、なくなってしまうようなことがあればそれも無意味。ましてや、平野部である以上、マイカー等の他の交通手段に客足を取られてしまう可能性が多々あるので余計に不安が募ります。ローカル線としての魅力を持ち得るに十分な雰囲気はあるので是非がんばってほしいと思います。つくばエクスプレスと接続しているという点を活かしていけば、まだまだ集客は見込めるような気もしますしね。
そんなこんなで、ローカル線に対する複雑な思いを抱いた常総線でした。










ちなみに。
取手駅周辺を散策してデパートのゲーセンに入ったら「デスクリムゾンOX」が置いてあったので、せっかくだからやってしまいました。久々にやったら腕がなまっていていささかがっかりしてしまったり(含苦笑)。
[PR]
by avt-race | 2006-07-16 18:30 | 旅行・鉄道

この手にDS Lite☆

実は既に数日前の事なのですが、念願かなってNINTENDO DS Liteを手に入れました~☆先日、「2006年一皮剥けたオタクになるわよバトン」にて、昨年後悔した事とした挙げた事項をクリアできました。仕事帰りにフラリと立ち寄った某店にて本体入荷の紙が掲げられているのを見て、昨年みたいな後悔をしないためにも、という勢いで買っちゃった次第です。
色はエナメルネイビー。いわゆる紺色です。本当は黒が欲しかったのですが、Liteには黒は無いし、新色が出ると思ったらピンク=当分黒はこないだろうな、という事で悩んだ結果、購入した次第。…なーんて思っていたら、実はヨーロッパ限定で黒が存在し、(値段は日本版より約1万円高いけど)ACアダプタを別に買えば日本でも普通に使える上に秋葉原を初めとして各所で売っているという情報を購入直後に知っていささか複雑な気持ちになったりしました。いやあ、やはりどこかしらツメが甘いですな、私というヤツは(苦笑)。

で、まず最初に買ったソフトは「COOL 104(&SETLINE)」というソフト。「COOL 104」というのは、トランプを使ったゲームで、5枚の手札の中から場の捨て札と同じスート(マーク)か数字のカードを続けて捨てていくというもの。捨て続けてトランプ一山52枚×2を全て捨てていくのが目標。手札の中に捨てられるカードがなくなったらその場で終わり、というシンプルなゲームです。このゲーム、これまではゲーセンのメダルコーナーでしか見かけないシロモノ(しかも置いてあるゲーセンはあまり多くない)だったので、DSでこれが出ると知った時はかなり驚いたものでした☆そもそも、次に手札に何がくるのかを考えつつギャンブル的に捨てる札を選んでいくという、そのシンプルでありつつも奥が深くも感じるゲーム性が私は大好きでした。ちなみにコイツはDS最初のソフトのうちの一本だったりしまして、DSで最初にやるゲームはこれ、と決めていたぐらいでしたので(含笑)。

「COOL 104」以外にも、職場の人から「ジャンプスーパースターズ」を譲り受けてやり始めもしました。マナフィのタマゴのためにも「ポケモンレンジャー」は近日中に買うつもりだし、8月には懐かしのきらめきスターロードが(今になって)出るっていうし(!)、そして何より秋にはポケモンの「ダイヤモンド」「パール」が出るので、そこに照準をあわせていきたいと思います。
そんなわけで私のDSライフ(?)を進めていくとしましょうか☆
[PR]
by avt-race | 2006-07-14 10:30 | ゲーム