旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2006年もあとわずかとなってきました。やっぱり忙しくてゆっくりと一年を振り返ってるヒマがなかったなあ(苦笑)。

今年は様々な出会いと別れがあって、人との縁が実にめまぐるしく動いた年でした。
結構近めの人や無縁とはいえない方が亡くなりました。その存在を考えるとなんとも惜しい限りでした。
そうかと思えばあちらこちらで出会いに恵まれました。初対面なのに共通の話題を糧に一気に仲良くなったりしました。同時に、新たな場な出向いていく時の自分のあり方やふるまいについてもいろいろと考えもしました。場の雰囲気に飲まれてうまく交流しきれなかった事もあったかと思います。だからこそ、しっくりとくる出会いに遭遇する事のありがたさが身に染みてきます。こんなヒネクレオタクに縁を結んで頂けた方々には感謝感謝です。

同じ何かを好きな人・気の合う人・どこか繋がっているいる人、そしてまだ出会えていない素敵な仲間。そんな人達との巡り会いに一喜一憂できた事に感謝しつつ、2006年の締めと致します。今年もこのマイペーストークなブログを読んでいただいて本当にありがとうございました(低頭平身)。

それでは皆様、よいお年を☆
[PR]
by avt-race | 2006-12-31 21:17 | 雑記
諸事情で美少年(?)が女装して女学院で過ごすラブコメアニメ(←略し過ぎ?)「乙女はお姉様(ボク)に恋してる」が最終回でした。何気に途中から見ていたらいささかハマってました(何)。ま、18禁ギャルゲー原作らしいですが、(無論)私はプレイしてませんが(含苦笑)。

ギャルゲーアニメで問題になのは、最後に誰とくっついて終わるか。ま、メインヒロインとくっつくのが大半なわけだけど、今回この「おとボク」は、皆にモテモテ状態(?)で終わるハーレムエンドでした。あの流れだと、どのエンドになるか予測しにくかったけど、なるほど面白くまとまったんじゃないかと。
話の流れ的に、誰とのエンドを迎えてもおかしくない状態でハーレムエンドというのは一見無責任のようにみえるますが、「おとボク」はキャラの関連性が絶妙なバランスで、このエンドでもしっくりくるような雰囲気があったんじゃないかと思います。極端にスゴイと思うようなバランスではない中で、話を自然に円満な形にもっていく、そんな微妙なさりげなさがうまく含まれている、といった感じがしました。

名作とまではいかなくとも独特な評価を受けてしかるべき、そんなアニメだったかと思います☆
[PR]
by avt-race | 2006-12-25 22:43 | アニメ
相変わらずいろいろと絶好調なBLEACH。その新しいキャラソンCDを入手しました。
今回手にしたのは劇場版前売券の特典モノ(ローソン限定)。一護と日番谷の新規(だよな?)キャラソンが入ってます。どの特典の前売券を買うか悩んだのですが、新しい歌を聴けるなら、という事でコレを選んで、近所のローソンに届いたので受けとってきた次第。

一護の曲はアップテンポで、一生懸命な雰囲気がなるほど「らしい」感じ。
日番谷の曲はミディアムテンポで日番谷の不器用さが感じられる作りになっている感じです。そういえば日番谷は何気にいろいろ抑えていつつ、いつでも爆発しちゃうような所があると思うんですよ(その辺、自分としては親近感有)。そうなるとミディアムな曲がハマるのかも....既存のキャラソンもそんな感じだしね。

実は2曲ともタイトルだけでなく、歌詞の中に「BLEACH」というフレーズが入ってるんですよね。BLEACH曲では珍しい事かなー、と思ったり。何気に作品タイトルが入ってるのが嬉しかったりします(含笑)☆

さて、CDと併せて前売券も手に入れた事だし、ボチボチ劇場版も観に行くとしますかね。....忙しくてすぐには行けなさそうだけど(遠い目)。
[PR]
by avt-race | 2006-12-21 23:22 | アニメ

2006年を表す漢字。

毎年恒例の「今年の漢字」がいつもの清水寺で発表されました。2006年の漢字は「命」だそうです。
確かに今年は人の命の巡り方が妙に目についた1年ではありました。死に至る過程が第三者の心をもえぐっていたとでもいいますか。今まで大きく取り立てていなかったところにやっと大きく目が向いたような気がしますね。

まあそれは世間一般の話なわけで。私の場合は、今年1年を表す漢字は

 「巡」

だったと思います。
今年は、オンリーにおいては例年に無く新規参戦したものも多く果てはスタッフ参加も重ねて、同人的にいろいろな側面を見て、そして様々な方と接する事ができました。
また、今年はいろいろと過去にハマっていたものへの熱が再加熱して、改めてそれぞれを好きになってよかったと思いました。そしてまた、そこでも新たな出会い=自分だけじゃなかったんだ、という思いを得るに至りましたしね。実にうまく巡っているものですね。

こうしてみると、今年ほど過去と現在とで「巡り会い」を展開した1年はなかったと思います。これらの「巡」がこれから進むこの先々を楽しくしてくれるものであれば更に素敵な事だよな、と思う次第です。
[PR]
by avt-race | 2006-12-14 09:22 | 雑記
(さりげなく2D格闘ゲーム話で →続き)

この冬には二つの人気作品のバ新ージョンも出ますね。
ひとつは「ギルティギア」シリーズ。
今回は新キャラとかはないみたいなので、いつも通りジョニーですね。
新技がどんな感じで使っていけるかが気になりますが、私的にはジャックハウンドの入力がHSからDに変わったのが大きいんですよね。ド下手な私は、前作で「それが俺の名だ」がジャックハウンドに化ける化ける(苦笑)。おかげで前作は結構苦労しました....まあ、ジャックハウンドの性能が良かったので、それに助けてもらってましたけどね(含苦笑)。

もう一作は「メルティブラッドAC」。
こちらもやっぱり今まで通り弓塚さつき。どうやら「邪魔しないで」は相変わらずらしいので、細かな変更のある通常技とどう絡めていけるか私的ポイントかと。さつきといえば投げ技というのが一般的ですが、今回も私は地面を叩いていくつもりですから(含笑)。
どちらの作品もやる事は変わらないなあ、自分(含苦笑)。

そんなこんなでこの冬は何気に2D格闘ゲームが何やら期待できそう。戦いに出向く冬を過ごしてみるのも一興かな、と思う今日この頃です☆
[PR]
by avt-race | 2006-12-10 23:40 | ゲーム
最近はゲーセンに行ってもやるのはQMAかポップンばかりで、格闘ゲームから遠ざかりがちでした。しかししてこの冬、いくつかの2D格闘ゲームが出るという事でいくらか期待が膨らんでいたりします☆

そのうちのひとつが「アルカナハート」。アーケードとしては久しぶりの2D完全新作。10人いる美少女キャラクターがアルカナと呼ばれる精霊を従えて戦うものだそうで。本体(=女の子)とアルカナの二つを操って戦うわけだけど、ポイントはアルカナは選択自由である事。一応設定上の組み合わせはあるけれど別のアルカナで戦ってもいいわけですよ。
で、このアルカナってヤツには、それぞれが固有で操る炎とか水とかのいわゆる「属性」というのがあります。そして、その中にひとつ、「時」を操るアルカナがあるそうですよ☆超能力=時間を操ると直結する私にとってはいささか、いやかなり見逃せない能力ですよ~☆もちろん相手の動きを止める技(いわゆる時間停止)もあるそうです。ハイリスクな技だそうだけどやる価値は十分ですね、私的には(含笑)。
アルカナを動かすのを楽しみつつやってみようかな、と思う次第です。

(さりげなく2D格闘話で→続く)
[PR]
by avt-race | 2006-12-08 23:39 | ゲーム