旗次郎(結構オタク)のマイペースなカタリング。コメント・トラックバック大歓迎です☆(基本的にネタバレ状態になっているので御注意下さい)


by avt-race
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昨年から、ひっそりとしかし確実にハマっているバンド・savage genius。その初のワンマンライブがこの度、大阪と東京で行われたので、東京の方に行ってきました♪
savage geniusはタイアップがアニソンだらけにもかかわらず、私が見るアニメには一向にひっかからない。それでも曲にはどっぷり浸かっているという、私的には不思議な巡り合わせを持っているバンド。昨年のアニメロサマーライブ以降ハマっているわけですが、遂にワンマンでのライブなのです☆(昨年、シークレットのミニライブはあったけど)


東京での会場は表参道FAB。面積はそれほどでもないけれど(収容人数350?)、地下のわりには天井が高い作り。中々に音がうまく大きく響きそうな作りでした。

バンドメンバーが出てきて「光の行方」のイントロがかかった所でVoのああが出てきてスタート。シングルにしてアルバムの1曲目という事でまずはテンションアップ。と思ったら、2曲目が「プロメテウス」アルバム「空ノ言葉」の中で一番好きな曲がいきなり来て個人的にいきなりテンションアップ♪是非ライブで聴きたいと思っていたので嬉しい限りでした☆

2曲聴いて、やけにバンド色が強いなあ、と思っていたらああ本人曰く「今回はバンドスタイル」との事。なるほどより重めの音という感じでした。

この後はどちらかといえばバラード的な曲が続く感じに。
基本的に、ああの歌声の伸び方は深めに引っ張っていくような感じがあるので、ロッカバラードに向いているんじゃないかと思います。なので、バラード系がより良い感じに聞こえるんですよね。それがうまく映える曲が続いた感じでした。
そしてそんな中で「祈りの詩」もやってくれました。昨年のアニメロサマーライブでこの曲を聴いた時からsavage geniusにハマった私にとっては、savage geniusで一番好きな曲久しぶりに生で「祈りの詩」を聴けて嬉しかった♪
バンド色が強かった分、ロッカバラードな曲がより重く響いてくる感じでしたね。全体を通してそういう雰囲気に包まれていたと思います。
とはいえ、「虹を渡る時がきた」や「Merry cristmas for you」はそのバンド色の強さをうまく利用(?)して、観客側と一体になって歌った、そんな楽しい曲になったと思います。実は、メンバー紹介をした際に、ああは「最後のメンバーは来てくれている皆」的な事を言ってました。なるほど、皆で歌う形=ここにいる全員がこのバンドのメンバー、という形にしたかったんだ、という感じでしたね♪
また、「Forever...」をアコースティックver.でやったりしたのもまたよりバンド的になって良い感じでした♪

一方で、多いのファンが気にしていたであろう、Takumiのsavage genius卒業の件が、MCの中で語られました。ブログで語られていたものとほぼ同じだったけど、それをああ本人の口から語ったのは良かったかと思います。多分、いろいろあって、それを語るのは辛い点もあったと思います。それでも、やはりファンの前で自らその事を語ってくれて良かったかな、と思います。
ただ、思うに、今回のライブをバンド色の強いものにしたり、ああのテンションが終始高くあったりした辺り、もしかして、Takumiが抜けた事によるsavage geniusの形を考えて試行錯誤しているような感じもしました。でも、今回のライブの後、ニューヨークに行って体勢を整えてくる、との話も出ました。新天地でのレコーディングを通して、今後の新たなsavage geniusを作りあげてくるとの事。また新たな魅力を携えてファンの前に登場してくる、と期待ができると思います♪

アンコールではオリジナルの「Forever...」もやってくれました。一度アコースティックでやった曲を、オリジナルver.でやる、という仕掛けは中々面白かったです。基本的には同じ曲だけど、アレンジやテンポを変えると一味も二味も違って楽しかった♪
最後はしっとりと「夢路へ」で締め。改めて、更に次へと進もうとしているああの気持ちが伝わってくるようでした。


全体的にいえば、savage genius自体が比較的スローテンポな曲が多めなのを反映して、さほど動きのある内容ではなった感じでした。しかし、Voの声の通りの良さがそれを補って余りある感じで、聴いているうちにじっくりと盛り上がってくる、そんなライブでした。このじっくりと染み込んでくるのがsavage geniusらしさなんだなあ、と改めて感じられた、そんなライブだったと思います♪


そして、MC内で語られていたのですが、どうやら来年の春先にセカンドライブを行う事が決まっているとの事。
次なる形の模索から、どんな新しいsavage geniusになるのか。その答えが出るであろう春に向けて、その音をじっくりとこの身に染み込ませつつ待つとしましょう♪
[PR]
by avt-race | 2007-12-15 01:31 | 音楽